JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

岐阜県美濃市 大矢田神社
Oyatajinja, Mino city,Gifu

Category
Rating 凡例
Comment 
General
 
Nature
 
Water
 
Sound/Noise
 
Atmosphere
 
Flower
 
Culture
 
Facility

 
Food
 

September 29,2013 大野木康夫 HD video

岐阜県美濃市大矢田2596

古代に創建されたと伝える古社で、近世には牛頭天王社と称した。
明治初年の神仏分離により寺院の部分は廃され、大矢田神社と改称された。
現在の本殿、拝殿はともに寛文年間の建立で、本殿の棟札には名古屋の大工の名前が記してある。
本殿は大型の三間社流造で、正面に千鳥破風、軒唐破風をつけ、各所に彫刻、極彩色を施すなど派手な意匠になる。
拝殿は妻入の特徴ある形式で、尾張地方の大社の拝殿と類似している。
彫刻を多く用い、極彩色を施した派手な意匠によるこの本殿は、日光東照宮などを除けば、早い時期の遺構であり、同時期に建築した拝殿とともに保存状況もよく、貴重である。
(国指定文化財等データベースより))

大矢田神社は美濃市東部の大矢田地区の天王山に鎮座しています。
明治期までは泰澄開基の天王山禅定寺として牛頭天王をお祀りしていましたが、神仏分離により大矢田神社と改称されました。

参道は青モミジがきれいでした。

拝殿と本殿

拝殿(重要文化財)

寛文11(1671)年の建築
桁行三間、梁間三間、一重、切妻造、妻入、檜皮葺

本殿(重要文化財)

寛文12(1672)年の建築
三間社流造、正面千鳥破風付、檜皮葺



Nov.2010 柚原君子




Nov.2010 撮影:瀧山幸伸 HD video

A camera




B camera




All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中