JAPAN-GEOGRAPHIC.TV


北海道苫前町 
Tomamae town,Hokkaido

Category
Rating 凡例
Comment 
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility

 
 Food
 



June 14, 2017 瀧山幸伸 source movie

三毛別ヒグマ事件 現地
Sankebetsu

三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村三毛別(現:苫前町三渓)六線沢で発生した、クマの獣害(じゅうがい)としては記録的な被害を出した事件。六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれる。
エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事態は終息した。
事件が起こった六線沢には、町民の手によって当時の情景が再現された「三毛別羆事件復元現地」がある。うっそうと木々が茂る一角に、当時の生活を再現した家屋の復元、事件を解説する看板、犠牲者の慰霊碑、そして、民家に襲いかかろうとするヒグマの像がある。場所は国道239号古丹別交差点から北海道道1049号苫前小平線を南に入り約16km、三毛別川に架かる、その名も「射止橋 (うちどめばし) 」の先にある。ちなみに、実際に事件が発生した場所とは数百m離れている。
(wikipedia)

                                        


郷土資料館
                                                                                                               




All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中