JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

兵庫県神戸市中央区 兵庫県立美術館
(Hyogo Prefectural Museum of Art, Chuoku, Kobe City, Hyogo Pref.)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Jan. 19,2013 野崎順次 HD video

兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号

安藤忠雄の建築作品である。外部仕上げはアルミカーテンウオール、金属製パネル、御影石張りで、コンクリート打放しは比較的少ない。内外ともに階段が特長的で、迷路のごとき通路と贅沢な空間はさすがと云うべきなんだろう。美術館としての規模は全国最大級である。

建築主: 兵庫県

建築設計: 安藤忠雄建築研究所
建築施工: 大林・清水・鴻池・神鋼興産建設・明和・山田特別共同企業体
工 期: 平成11年3月〜平成13年9月
敷地面積: 19,000.00
建築面積: 12,807.71
延床面積: 27,461.41
最高高さ
階 数: 地下1階・地上4階
構 造: 鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)

非常に大雑把にいえば、大きな展示棟(2階以下では一つ)と小さなギャラリー棟が東西に並び、共に大きな庇を海に伸ばす。その間には円形テラスがあり、南には海に面した広大な階段広場があるという配置である。

建物外部、山側(北面)

東側に回り込む。

海側(南面)は展示棟とギャラリー棟の大庇の下に階段広場が広がる。

2階に上り、階段とスロープを見下ろす。

西面

3階に上り、西側を見る。阪神大震災後に開発されたHAT地区。この美術館もその中核の一つ。

展示棟3階に西側通路を北へ

展示棟とギャラリー棟の間を海側に戻り、振り返る。山のデッキへの階段など。

さらに下を見ると円形テラス。ここらが建物外部の核心といいたい。

それから

地上北東部に戻り、屋外展示作品を見ながら、美術館エントランスへ

建物内部

1階 展示棟エントランスホール

2階 レストラン

3〜4階 企画展示室エレベーターホール

3〜4階 光の庭、企画展示室間の外光の入るスペース

3〜4階 企画展示室回廊

1〜4階 常設展示室エレベーターホール、16mの吹き抜けと壁の階段

3階 常設展示室

その他

常設展示パンフレット

小磯良平記念室

金山平三記念室

洋画と日本画の名作

展示室 2 横尾忠則(西脇市出身)

展示室 5 近・現代彫刻 ロダン、ブールデル、マイヨールとその後

展示室 5 安藤忠雄コーナー

企画展「フィンランドのくらしとデザイン展」パンフレット

上記のショップ

参考資料
兵庫県立美術館HP


事務局用


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中