JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

兵庫県神戸市垂水区 旧木下家住宅
(Former Kinoshita Residence, Tarumiku, Kobe City, Hyogo)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water    
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Mar.2012 野崎順次 HD video

兵庫県神戸市垂水区東舞子町

撮影日: 2012年3月11日

旧木下家住宅とは、もとは又野良助氏が私邸として昭和16年に竣工した数寄屋造近代和風住宅である。昭和27年に木下家(木下吉左衛門氏)の所有となり、平成12年に故木下吉治郎氏のご遺族から兵庫県が寄贈を受けた。
阪神・淡路大震災以後、姿を消しつつある阪神間の和風住宅のなかで、創建時の屋敷構えをほぼ完全に残す貴重な建物として、平成13年12月に国の登録有形文化財に登録された。前庭と中庭には創建時の庭造りの様子が残っている。

パンフレット、現地説明板、門から石段を上る。

国登文 舞子公園旧木下家住宅主屋 昭和前期 昭和14年頃(1939頃)

木造平屋一部2階建、瓦葺、建築面積275u、登録番号: 28-0073
県立舞子公園の東端,山陽電鉄の南方に位置する。民家風の虫籠窓を付けた東西棟の大棟を中心に,東面に玄関,北東に台所,西北に茶室,南東に応接室,南西に仏間を配したH字型平面をもつ。昭和初期における阪神間の数寄屋造による和風邸宅の一事例。

国登文 舞子公園旧木下家住宅土蔵 昭和前期 昭和14年頃(1939頃)

土蔵造2階建、瓦葺、建築面積25u、登録番号:28-0074
主屋北西端に位置する茶室の北方に建つ。南北棟,切妻造,本瓦葺の妻入,2階建土蔵で,桁行3間,梁間2間規模を有する。外観は白漆喰塗とし,南妻面に庇を付けて戸前とするほか,2階の東面と南面に窓を設ける。窓庇の持送りに丁寧な仕事振りがうかがえる。

主屋内部、玄関(天井は屋久杉板)、座敷、中室

前庭に面した広縁

中庭

前庭に面した書院、改修工事の展示のある西室

中庭に面した待合と茶室

玄関の隣の内玄関、四帖半、浴室

参考資料
兵庫県公園協会HP
国指定文化財等データベース

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中