JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

神戸市東灘区 香雪美術館
(Kosetsu Museum of Art, Kobe, Hyogo)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water  
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

神戸市東灘区御影郡家2-12-1 旧村山家住宅 洋館 重文 近代/住居 明治 明治42(1909) 煉瓦造及び木造、建築面積226.11u、2階建、地下1階、寄棟造、銅板葺 20110620
神戸市東灘区御影郡家2-12-1 旧村山家住宅 書院棟 重文 近代/住居 大正 大正7(1918) 木造、建築面積344.38u、3階建、一部地下1階、入母屋造及び寄棟造、桟瓦葺及び銅板葺、南東面渡廊下附属、桟瓦葺 20110620
神戸市東灘区御影郡家2-12-1 旧村山家住宅 玄関棟 重文 近代/住居 大正 大正7(1918) 木造、建築面積178.66u、一部地下1階、入母屋造、桟瓦葺、東面車寄唐破風造、檜皮葺、南面及び西面渡廊下附属、桟瓦葺 20110620
神戸市東灘区御影郡家2-12-1 旧村山家住宅 茶室棟 重文 近代/住居 明治 明治44(1911) 玄庵(3畳台目茶室)、香雪(4畳半茶室)、玄関及び待合、腰掛、寄付、腰掛待合、砂雪隠、渡廊下よりなる、入母屋造及び切妻造、茅葺、桟瓦葺及び檜皮葺、南面渡廊下附属、桟瓦葺及び鉄板葺 20110620
神戸市東灘区御影郡家2-12-1 旧村山家住宅 衣装蔵 重文 近代/住居 明治 明治後期 鉄筋コンクリート造、建築面積28.14u、2階建 20110620
神戸市東灘区御影郡家2-12-1 旧村山家住宅 美術蔵 重文 近代/住居 大正 大正期 鉄筋コンクリート造、建築面積76.84u、3階建、切妻造、桟瓦葺 20110620


Apr.2010 撮影/文: 野崎順次

兵庫県神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1
財団法人香雪美術館

撮影日: 2010年4月24日

朝日新聞社創立者で、茶人でもあった村山龍平(むらやま りょうへい、1850年 - 1933年)の収集品を収蔵展示するため、1972年(昭和47年)に財団法人香雪美術館が設立され、翌1973年(昭和48年)に開館した。
館名の「香雪」は村山の号である。
村山は伊勢国(現在の三重県度会郡)の出身で、上野理一とともに朝日新聞の創設者である。
岡倉天心らが中心になって1889年(明治22年)から発行された美術雑誌「国華」(2004年現在、引き続き刊行中)の苦境を救うため、朝日新聞社が同誌の発行元となったことが、村山が古美術に関心を持つきっかけになったという。
収集は刀剣武具から始まり、仏教美術、茶道具へと広がっていった。
なお、香雪美術館の収蔵品のなかには、村山の娘婿で、のちに朝日新聞社長となった村山長挙(むらやま ながたか、1894年 - 1977年)の収集品も含まれている

登録有形文化財(旧村山邸の建物で、明治末期から大正期の建築)

洋館
茶室棟
玄関棟
御殿棟

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア』)

阪急御影駅から弓羽弦神社の北側(巨大クスノキ沿い)を通って香雪美術館に至る。

美術館の外観と庭。

茶室「梅園」と旧村山邸の洋館。

特別展は「堀文子」。




事務局用

 

 

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中