JAPAN-GEOGRAPHIC.TV


兵庫県神戸市中央区 布引
(Nunobiki, Kobe, Hyogo)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water  
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

神戸市中央区葺合町山郡 布引水源地水道施設 分水堰堤 重文 近代/産業・交通・土木 明治 明治40(1907) アーチ式コンクリート造堰堤、堤長14.0m、堤高4.3m、取水井附属 20060705
神戸市中央区葺合町山郡 布引水源地水道施設 分水堰堤附属橋 重文 近代/産業・交通・土木 明治 明治40(1907) 鉄筋コンクリート造単アーチ橋、橋長11.5m、幅員1.2m、高欄付 20060705
神戸市中央区葺合町山郡 布引水源地水道施設 分水隧道 重文 近代/産業・交通・土木 明治 明治40(1907) 石造及びコンクリート造隧道、延長24.9m 20060705
神戸市中央区葺合町山郡 布引水源地水道施設 締切堰堤 重文 近代/産業・交通・土木 明治 明治41(1908) アーチ式コンクリート造堰堤、堤長31.9m、堤高7.6m 20060705
神戸市中央区葺合町山郡 布引水源地水道施設 放水路隧道 重文 近代/産業・交通・土木 明治 明治41(1908) 石造及びコンクリート造隧道、延長264.3m、坑門左右翼壁及び放水路開渠附属 20060705
神戸市中央区葺合町山郡 布引水源地水道施設 五本松堰堤 重文 近代/産業・交通・土木 明治 明治33(1900) 重力式コンクリート造堰堤、堤長110.3m、堤高33.3m、高欄付 20060705
神戸市中央区葺合町山郡 布引水源地水道施設 谷川橋 重文 近代/産業・交通・土木 大正 大正初期 鉄筋コンクリート造単アーチ橋、橋長6.1m、幅員2.0m 20060705
神戸市中央区葺合町1地先 布引水源地水道施設 雌滝取水堰堤 重文 近代/産業・交通・土木 明治 明治33(1900) アーチ式コンクリート造堰堤、堤長19.3m、堤高7.7m、保護堰堤・取水井及び階段附属 20060705
神戸市中央区葺合町1 布引水源地水道施設 布引水路橋(砂子橋) 重文 近代/産業・交通・土木 明治 明治33(1900) 煉瓦造三連アーチ橋、橋長19.2m、幅員3.3m、高欄付、袖壁附属 20060705


May.2012 野崎順次 HD video

兵庫県神戸市中央区
布引渓流の土木遺産など
(Civil Engineering Heritage, etc. in Nunobiki Valley, Chuoku, Kobe City, Hyogo Pref.)

撮影日: 2012年5月16日

布引水源地水道施設は、神戸港に注ぐ生田川の中流域に位置する上水道施設である。全体計画や施設配置には、土砂流入防止を意図した貯水・取水機能に分水・放水機能を付加するなど特色がある。神戸の創設水道施設で、建設当時全国でも最大規模を誇り、また当時の世界のレベルと遜色ない最新の土木技術が用いられている。

日本最初の近代水道施設である横浜の水道を設計したイギリス人、H.S.パーマー、内務省雇技師のイギリス人W.K.バルトンによる提案・原案を経た後、人口急増に合わせて大幅に変更。最終的には神戸水道事務所の吉村長策及び佐野藤次郎が設計に当たった。

中でも、五本松堰堤は、我が国における重力式コンクリート造堰堤の嚆矢で、近代堰堤の一つの規範を示す構造物として、土木技術史上、高い価値がある。堰堤以外の関連諸施設も土木技術史上極めて評価の高い施設群で、明治期を代表する水源地水道施設の一つとして重要である。その水道水は「赤道を越えても腐らない水」として世界の船舶関係者から称賛されるなど、「kobe water」の名で親しまれていた。

国重文指定を受けた布引水源地水道施設

(1)分水堰堤
(2)分水堰堤附属橋
(3)分水堰堤隧道
(4)締切堰堤
(5)放水路隧道
(6)五本松堰堤
(附)管理橋1基
(7)谷川橋
(8)雌滝取水堰堤
(9)布引水路橋(砂子橋)

神戸布引ハーブ園のロープウェーで中間の風の丘駅まで行く。ロープウェーから神戸の街の展望が良いだけでなく、雄滝の甌穴群や五本松堰堤(布引ダム)が空中から見える。

ここから少し下る。

五本松堰堤(布引ダム)のダム湖畔に出る。ダム湖百選布引貯水池の指定がある。

国重文附 管理橋 明治33年(1900)
5径間(建設当時7径間)鋼製トラス橋、橋長:51.0メートル(建設当時:71.0メートル)、通路幅:1.2メートル

東崖に垂直の断層(岩の色が違う)が走り、それが対岸の谷に繋がっているそうだ。

国重文 五本松堰堤 明治33年(1900)
布引ダムとして知られる。重力式コンクリート造堰堤、堤長110.3m、堤高33.3m、高欄付。堰堤の表面は型枠がわりに使用された石積みで覆われ、巨大な城壁を思わせる。堤体の上部にはデンテル(歯飾り)が施されており、ヨーロッパ古典様式の風格ある外観である。

五本松かくれ滝
落差20m。布引貯水池が満水になったときにしか現れない人工の滝「五本松かくれ滝」である。

渓谷沿いの道を下る。

国重文 谷川橋 大正初期(1912 - 1925)
鉄筋コンクリート造単アーチ橋、橋長6.1m、幅員2.0m

猿のかずら橋、六甲山の瀬戸内海国立公園編入50周年記念の一環として2006年に製作された。

歌碑など見ながらずんずん下った。

布引の滝 雄滝
布引の滝の中では一番大きな雄滝は落差43メートル。巌頭から5段に折れて落下しており、それぞれに甌穴がある。下からは見えないが、ロープウェーからはよく見えた。

夫婦の滝と展望所

国重文 布引水路橋(砂子橋) 明治33年(1900)
煉瓦造三連アーチ橋、橋長19.2m、幅員3.3m、高欄付、袖壁附属。
国文化財指定では「すなごばし」と読ませているが、本当は「いさごばし」。

断層に沿って流れる川。断層では岩がつぶされて柔らかくなるので、水に削り取られやすく、岩盤に溝がほられたようになっている。

参考資料
国指定文化財等データベース
日本の土木遺産HP
神戸市HP



June.2010 撮影/文 野崎順次

撮影日: 2010年6月27日

布引の滝
Nunobikinotaki

布引の滝は生田川の源流・布引渓流にある4つの滝の総称で、上流から雄滝、夫婦滝、鼓ケ滝、雌滝で形成される。
布引の滝は日本の滝百選に選ばれ、また日光華厳の滝、紀州那智の滝とともに日本三大神滝(にほんさんだいしんたき)の一つとして有名である。
布引の滝がある布引渓流は、新神戸駅から徒歩15分ほどの散策コース。最初の滝、雌滝まで約10分、一番上流にある雄滝でも20分位で到着する。
大雨の後で布引の滝に行った。阪急電車から生田川とその突き当りに新神戸駅が見える。新神戸駅の下をくぐって砂子橋を渡るともう深い渓谷である。

雌滝(めんたき)は高さ19メートル。水がサラサラと落ちる様子がしなやかで上品な感じのする滝である。布引の地名はこの雌滝の滝水が布をたらしたように優雅に流れ落ちる様子から生まれたというが、今日は水が怒っているようなすごい水量で吸い込まれそう。

重要文化財 雌滝取水堰堤

路傍に歌碑が多い。古代から布引の滝は知られていた。

鼓ケ滝(つつみがだき)は高さ8メートル。阪神淡路大震災以来、崩落の恐れがあるという理由で、渓谷側のルートは通行止めになり、山側のルートを行くことになった。鼓ケ滝は、残念ながら山側のルートからはよく見えない位置にある。

更に登る。

突然、雨かと思うような激しい水煙が吹き付けてきたら、目の前に夫婦滝と雄滝があった。夫婦滝(めおとだき)は高さ9メートル。普段は、二筋に分かれて落ちる滝水が特徴的。

雄滝(おんたき)は高さ43メートル。布引の滝を代表する滝。雄滝の両側の山を見ると、滝の上流側の山が下流側に比べて大きく上昇しているのがわかる。この六甲山の隆起に生田川がかかってできたのが雄滝である。

同じ道を戻る。

重要文化財 布引水路橋(砂子橋)



All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中