JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

兵庫県神戸市北区 石峯寺
(Shakubuji Temple, Kobe, Hyogo)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

神戸市北区淡河町神影110-1 石峯寺三重塔 重文 近世以前/寺院 室町中期 室町中期 三間三重塔婆、とち葺形銅板葺 棟札10枚 19150326
神戸市北区淡河町神影110-1 石峯寺薬師堂 重文 近世以前/寺院 室町後期 明応(1492-1501)頃 桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、本瓦葺 19150326
Sep.16,2016 瀧山幸伸 movie

                                                                                                                      


Mar.16, 2013 大野木康夫 HD video

所在地 兵庫県神戸市北区淡河町神影110-1

石峯寺は北神の淡河地区の丘陵地帯に位置します。
旧分国では播磨のほぼ東端で、播磨一帯の名刹と同じく法道仙人の開基と伝わります。

  

仁王門

    

伽藍入り口付近

     

本堂

参道正面に位置します。

      

薬師堂(重要文化財)

明応年間(1492-1501)頃の建築
桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、本瓦葺

参道の右手に位置します。

               

三重塔(重要文化財)

室町中期の建築
三間三重塔婆、とち葺形銅板葺

薬師堂の奥の林の中に位置します。

                                         







Mar.2011 野崎順次 HD video

兵庫県神戸市北区淡河町神影110−1
高野山真言宗
岩嶺山 石峯寺

撮影日: 2011年3月5日

白雉二年(651)法道上人の開基と伝える。孝徳天皇の勅願寺として栄え、中世には一里四方を寺領に持ち、多数の僧兵や学侶を養っていた。また、堂塔伽藍は70余に及び、塔頭は現存する十輪院、竹林院、極楽院のほかに23院あった。
応仁の乱、嘉吉の乱、織田・豊臣の毛利征伐などにより、伽藍は衰退したが、江戸時代には明石城主より七十石、のち、幕府徳川家光公より十三代に亘り、七十石の御朱印寺領を受け諸堂を建立し安泰であった。
幕末より大きく変革し現在に至る。
1974年、「石峯寺およびその周辺」として十輪院、竹林院とともに文化環境保存区域に指定され、1997年には「新・こうべ花の名所50選」の一つに選定されている。

JR三田から、3時間に1本の神姫バスで野瀬で降りる。バス停からはのんびりとアップダウンの丘陵地帯を2q歩く。
                

仁王門

                 

説明板を見て、真直ぐに進むと、左側に塔頭の十輪院と竹林院がある。

             

市指定庭園 十輪院庭園

        

市指定歴史的建造物 竹林寺庫裡
市指定庭園 竹林寺庭園

                 

石峯寺に着く。石段の両側に鐘楼と鼓楼が立つ。

       

鐘楼

    

鼓楼

           

国重文 薬師堂(室町)、桁行五間、梁間五間、入母屋造
聖武天皇の勅願で行基が開眼した薬師佛、十二神将、日光月光菩薩を祭祀し、追雛行事が行われた。

                        

本堂

                                 

境内

   

国重文 三重塔(室町)、銅板葺、高さ24.41m
嵯峨天皇の勅願によるものといわれ、この時代に造られた三重塔の中では最大級である。

                                 

境内

            

徳川将軍尊霊碑

         

八十八ヶ所霊場

              

帰途。三田から宝塚のJR車窓から岩壁のロッククライマーを見た。

         

参考資料
淡河町現地説明板
GEOCITIES「岩嶺山 石峯寺」
ウィキペディア「石峯寺(神戸市)」


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中