JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

兵庫県 西宮市 夙川カトリック教会
Nishinomiya Shukugawa Catholic church

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 



June 2010 撮影・柴田 由紀江


西宮市霞町5−40
竣工:昭和7年(1932年)
設計:ヨゼフ梅木省三

1865年3月17日 長崎大浦天主堂でキリシタンが発見されて以来、日本人の信教の自由が徐々に回復してゆく中で、フランスから渡来した宣教師たちは神戸、大阪の外国人居留地を中心にミッション活動を行っていました。
彼らは月に一度、神戸と大阪を東と西に向かって徒歩で出発して夙川あたりで落ち合い、お互いの活動を報告しあって一日を過ごしたと云います。
明治末から大正にかけて、大阪や神戸の市街地から離れた郊外住宅地が各地に造成されるのを見て、宣教師たちは次の新しい教会を阪神間に建てようと考えます。
1921年11月、夙川教会の創立者S.ブスケ神父は札場筋と旧国道との交差点の借家に「聖なるロザリオの教会」を設立しました。
二年後、神父は夙川(現在地)に土地を購入、神戸居留地にあった「悲しみの聖母教会」の旧建屋を移設して仮聖堂とするとともに、本格的な聖堂の建設計画に取り組みました。
1931年5月に定礎されたヨゼフ梅木省三氏の設計になるネオ・ゴシック様式の聖堂が翌年4月に落成します。
新聖堂はブスケ神父が敬愛して已まなかった聖女テレジアに献げられ、以後夙川教会は「幼きイエズスの聖テレジア教会」とも「小さき花の聖テレジア教会」とも呼ばれます。
戦災を免れたこの聖堂は1995年1月の阪神淡路大震災で大きな被害を受けましたが幸いにも倒壊を免れ、修復を経て現在も夙川のシンボルとして壮麗な外観を保ち、美しいステンドグラスや鐘の音が人々に心の安らぎと祈りの場を提供しています。

専門家によると現聖堂の余命は約20年であり、創立100周年を迎える2021年までにはこの「日本人の手になる昭和初期の優れた西洋建築」を保存・修復するための青写真作成が必要になりました。
現在、夙川教会の信徒数は約2000人で、大阪大司教区では2番目に多い信徒数となっています。
(夙川カトリック教会 公式サイトより)

 



All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中