JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

兵庫県三田市 旧九鬼家住宅
(Former Kuki House Museum, Sanda City, Hyogo)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water    
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

Apr.2011 撮影/文 野崎順次

兵庫県三田市屋敷町7-35
三田市旧九鬼家住宅資料館

撮影日: 2011年4月2日

三田藩の家老職を代々つとめた九鬼家の当主九鬼隆範が、明治初期(明治8年前後)に建てた全国でも数少ない擬洋風建築の建物で、兵庫県重要有形文化財に指定されています。
擬洋風建築とは、明治維新後の純洋風の建築物を大工が似せて建てた建築物です。
旧九鬼家も伝統的な商家のたたずまいと洋風のつくりが一体となったところが見どころで、一見すると三田にのこる商家のたたずまいと同じですが、正面から向かって左手の2階のベランダ部分と窓が洋風の作りとなっています。
内部も、畳敷きの伝統的なつくりのなかに2階部分に、いろいろな帳簿や書き付け、古い和本などのページを下貼りにして、襖紙を壁紙にして天井から壁全体に貼りつめた洋間があります。
館内には、九鬼隆範氏手作りの製図用具や定規、設計図用の絵の具や絵皿などの小物が展示されています。

パンフレットと説明板

建物外部

建物内部

参考資料
北阪神ツーリズムガイドHP


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中