JAPAN GEOGRAPHIC

茨城県水戸市 水戸八幡宮 
Mito Hachimangu,Mito city,Ibaraki

Category

Rating

Comment

General

 

Nature

天然記念物 オハツキイチョウ

Water

 

Flower

 

Culture

重要文化財

Facility

 

Food

 




水戸市八幡町8-54 八幡宮本殿 重文 近世以前/神社 桃山 慶長3(1598) 桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、正面一間通り庇付、こけら葺 19540917


Mar.16,2014 瀧山幸伸 source movie

A camera


B camera





Jan.2011 酒井英樹

2009年11月撮影

八幡宮本殿
 正面3間側面2間 入母屋造 こけら葺 向拝3間
 桃山時代[慶長3年(1598)]


Mar.2009 撮影:川村由幸




Mar.2005 撮影:瀧山幸伸 source movie

本殿は桃山様式の美社 (国重文) 水戸市八幡町8-54 

水戸城から続く丘の上、かつては水戸城最外堀がすぐ背後にあり、日光、久慈、那珂川を望む高台に立地する、忘れられたように静かな環境の神社である。本殿が極めて美しく、国の重要文化財に指定されている。慶長3年(1598)水戸藩主佐竹義宣により建立された。正面三間、側面二間、一重、入母屋造り、こけら葺き。宮大工の棟梁は15歳であったが、大胆な意匠を採用している。平成10年の補修工事により、建立当時の色、模様、金箔が復元された。蛙股や桁を掘った神獣の一つ一つに匠の力がひしひしと伝わり、桃山時代の様式美に酔うことができる。












All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中