JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

茨城県水戸市 弘道館 
Koudoukan,Mito city,Ibaraki


Category

Rating

Comment

General

日本最大の藩校

Nature

 

Water

 

Flower

 

Culture

重要文化財 徳川慶喜謹慎の部屋

Facility

 

Food

 




水戸市北三の丸119 旧弘道館 正庁 重文 近世以前/その他 江戸末期 天保12(1841) 二十四畳(床、棚、附書院付)、十五畳、十二畳、二十四畳(床付)、十畳、十二畳(押入付)、六畳、玄関、入側、廊下より成る、一重、南面、北面及び玄関入母屋造、西面寄棟造、桟瓦葺 19640526
水戸市北三の丸119 旧弘道館 至善堂 重文 近世以前/その他 江戸末期 天保12(1841) 十二畳半(床、棚付)、十畳、十七畳半、十二畳半、十畳、畳廊下、入側、縁より成る、西面及び北面寄棟造、桟瓦葺 19640526
水戸市北三の丸119 旧弘道館 正門 重文 近世以前/その他 江戸末期 天保12(1841) 四脚門、切妻造、本瓦葺 塀 19640526


Mar.16,2014 瀧山幸伸 movie

A camera


B camera


給水塔




Dec.2011 川村由幸

所在地:茨城県水戸市三の丸
訪問日:2011.12.24

水戸での年末のお墓詣りのついでに、弘道館に立ち寄ってきました。
水戸藩第九代藩主 徳川斉昭が創設した藩校です。
正門と正庁・至善堂が重要文化財に指定されています。
今は、3/11の東日本大震災の被害が大きく、痛々しい状況で内部は見学ができません。
来年には補修工事に着手するようです。
被害の残る状態を記録しておくことも意味があると思います。
近くに水戸第一高校の正門になっている旧水戸城の現存する唯一の建造物 薬医門があり、
これも撮影してきました。




Mar.2005 瀧山幸伸 Preview video 500Kbps HD Quality Video FAQ

(国重文、特別史跡) 日本最大の藩校 

水戸城内に立地する日本最大の藩校。9代徳川斉昭により天保12年(1841)築造された。梅園に囲まれており、梅の時期には心地よい香りに包まれる。校舎から見る庭の景観が美しい。
 正庁、至善堂、正門が国重要文化財に指定されている。正庁は試験及び儀式の場、至善堂は藩主の座所で華やかな造り。徳川慶喜が大政奉還後謹慎した場所。内部は正門は四足門、切妻造りでシンプルだが本瓦葺の重厚感がある。
 館では15歳から40歳までの藩士子弟を教育対象とし、身分により出席すべき日数が決められていた。当時の人々が学問と学校にかけた思いに比べ、現代の学園の安普請と掃除の行き届かない現状は残念。教育の本質が問われているように感じられる。
水戸市三の丸1-6-29









All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中