JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

香川県まんのう町 満濃池
Mannoike,Manno town,Kagawa

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

Mar.2012 瀧山幸伸 HD video

満濃池(まんのういけ)は、香川県仲多度郡まんのう町にある日本最大の灌漑用のため池である。
空海が改修したことでも知られ、周囲約20km、貯水量1,540万tである。また満濃太郎とも呼ばれる。

歴史

701年-704年頃(大宝年間) 讃岐国の国守 道守朝臣が創築。
818年(弘仁9年) 洪水による決壊。
821年(弘仁12年) 空海が築池別当として派遣され、約3ヵ月後改修完了。その後も決壊、復旧を繰り返す。
1184年(元暦1年) この年の決壊後、寛永8年の改修まで復旧されず、池跡には民家、田畑が作られ、「池内村」となる。
1628年(寛永5年) 高松藩藩主 生駒高俊の命により普請奉行 西嶋八兵衛、改修着手。
1631年(寛永8年) 高松藩による改修完了。
1854年(安政1年) 地震により破堤。
1870年(明治3年) 復旧工事完了。
この後、3度の嵩上工事と土器川から取水する為の天川導水路工事を行い、貯水量を増加させた。
1996年 日本の音風景100選に選定される。- 環境庁選定
2000年(平成12年) 『満濃池樋門』が国の登録有形文化財(建造物)に登録される。
2005年 ダム湖百選に選定される - 財団法人ダム水源地環境整備センター選定
2010年 ため池百選に選定される。 - 農林水産省選定

現在のデータ

形式:土堰堤供型
堤高:32.0m
堤長:155.8m
周囲:19.7km
貯水量:15,400,000m3
満水面積:138.5ha
池敷面積:142.1ha
灌漑面積:3,239ha
水源:金倉川、土器川(天川導水路)
備考:樋門は登録有形文化財

Wikipediaより






All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中