JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

神奈川県相模原市 川尻八幡宮
Kawajirihachimangu,sagamihara city,Kanagawa

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

Aug.25 2014 松田浩志

神奈川県相模原市緑区川尻4171

夏祭り

川尻八幡宮お囃子競演会

(1)〜(6)競演会場風景


(7)〜(84)谷ヶ原囃子連


(85)〜(214)向原囃子連


(215)〜(347)小松囃子連


(348)〜(475)久保澤囃子連


(476)〜(486)春日囃子連


(487)〜(509)若葉台囃子連


(510)〜(541)都畑囃子連


(542)〜(576)原宿囃子連


(577)〜(634)町屋囃子連



Sep.2013 松田浩志

夏祭り Aug.27,28 2013

神幸祭



例祭
その1


その2



Jan. 2012 松田浩志

川尻神社本殿:
「川尻八幡宮は、上川尻、下川尻両村の鎮守社で、広大な境内を有する神社です。川尻八幡宮殿は一間社流造(いっけんしゃながれづくり)、桁行(けたゆき)6尺(1.84m)の朱塗りの社殿で、一間社としては、大規模な部類に属します。また、一般の一間社よりやや横長な平面を持ち、背面中央にはひとまわり細い柱を立てています。屋根正面には千鳥破風(ちどりはふ)を置き、向拝(こうはい)には軒(のき)唐破風(からはふ)を設けています。建立年代は18世紀中期と推定されます。」
相模原市ホームページより転載


「第1の鳥居から本殿までの参道が約1kmある川尻八幡宮(緑区川尻)で12月4、5日の両日、大しめ縄作りが行われた。
合計で8本作られた大しめ縄は、最も大きいもので長さ6m、太さ30cmにも及ぶ。3本は川尻八幡宮の拝殿や御神木に、他の5本は鶴岡八幡宮(鎌倉市)やJR鎌倉駅に飾られる。
ここで作られた大しめ縄が鶴岡八幡宮に奉納されるのは、宮司が川尻と鶴岡の両八幡宮を兼務していたのが縁で、昭和50年頃から、川尻の氏子総代が作業を引き受けている。
例年作られる特大サイズの大しめ縄(長さ12m、約300kg)は一番の見せ場だが、今年は鶴岡八幡宮の大銀杏が3月に強風で倒れたため、大しめ縄は作らずじまい。関係者は「やりがいがあっただけに、ちょっと残念」と寂しそうだった。」
相模原市ホームページより転載

一の鳥居から二の鳥居まだの約1キロに及ぶ参道にかっては松並木がつづき、並木の八幡さまと呼ばれていた。


2011年12月30日



2011年12月31日


2012年1月2日




All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中