JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

熊本県山都町 通潤橋
Tsujunkyo,Yamato town,Kumamoto

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

上益城郡山都町長原 通潤橋 重文 近世以前/その他 江戸末期 安政元(1854) 石造単アーチ橋 取入口から排出口に至る水路を含む 19600209


Sep.2015 酒井英樹

 通潤橋は轟川に架設された石造の水路橋である。江戸時代末期の嘉永2年(1849)に惣庄屋布田保之助が、周囲を谷で囲まれた白糸台地に農業用水を供給することを目的に志し、嘉永5年(1852)に郡代の許可を得て12月に着工、安政元年(1854)7月に完成した。
 高さ20m、拱矢比を2.0とした半円アーチの石造単アーチ橋である。アーチ下方は熊本城の石垣を範とした鞘石垣が緩いカーブを描いている。
 橋上には石管を連結した導水管を三通り並べて、笹原川上流より取水した用水を逆サイフォンで白糸台地へ送水している。耐水圧に石管を独特の漆喰を用いて連結し、途中に木管を挟むなど工夫を凝らしている。

 石造単アーチ橋、幅6.5m、長84.0m、アーチ径間27.3m
 輪石一重、壁石鱗状積、石樋を用いた水路橋として最大級の遺例
 江戸時代末期[安政元年(1854)]

                       


Apr.30,2015 瀧山幸伸 movie

通潤橋へ用水を分ける「円形分水」

                        

       

通潤橋によって開発された棚田
                                     



Apr.23,2014 田中康平

熊本県上益城郡山都町長原
国指定重要文化財 重文指定年月日:1960.02.09(昭和35.02.09)

文化財等データベース解説文: 安政元年(1854)に建造された石造単アーチ橋。橋長84.0m、橋幅6.5m、アーチ径間27.3mの規模を持つ。輪石は一重で、壁石は鱗状に積まれている。橋の前後約100mに渡って、石樋が3列土中に埋め込まれる(現在鉄管を1列増設)。凹形曲面を基本とした美しい形状を持つ我が国最大規模の石造水路橋。

笹原川の水を五老ヶ滝川を越えて白糸台地に供給することを目的に作られた。上流側に道の駅がありそこから徒歩で鑑賞できる。五老ヶ滝川上流から見て向かって左から右に用水は流れる。建造を計画・推進したのは惣庄屋の布田保之助だが実際の建造は肥後の石工 橋本勘五郎とその兄 宇市の手による。橋本勘五郎はその後明治政府の依頼により東京で万世橋、浅草橋、蓬莱橋、江戸橋、京橋、を手がけ、一族により皇居二重橋も築造したといわれる。
                                           





May 5 2011 瀧山幸伸 HD video

A camera

                                                                             


周囲の棚田
   
鵜ノ子滝付近

  

B camera
                                                                                     
      



Dec.2005 瀧山幸伸 Preview video 500Kbps High Vision

  

                  

         

  

  

       

  

夕暮れの光景
                      

朝の光景
     

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中