JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

京都府京都市右京区、西京区 嵐山 
Arashiyama,Ukyoku/Nishikyoku,Kyoto city

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 
 Food
 

November 26,2016 大野木康夫 movie

斎明神社

   

渡月橋

                        

人出が増えてきた

       

渡月橋の上流

     

長辻通

   



Sep.2,2016 瀧山幸伸 movie

星野やへの船便
To Hoshinoya
                      




Dec.1,2015  (一部11.30撮影) 田中康平

京都府京都市右京区 嵐山 
Arashiyama,Ukyoku,Kyoto city,kyoto pref.

京都府京都市右京区・西京区

国指定史跡・名勝 指定年月日:1927.04.08(昭和2.04.08)
国指定文化財等データベース解説文:桂川ノ上流保津川ノ下流タル大堰川ノ嵯峨町所屬小倉山龜山ノ連嶂ヲ左岸ニ松尾村所屬烏ケ獄嵐山松尾山ヲ右岸ニセル峽谷ノ清瀧川合流點附近以下主トシテ嵐山ノ山脚ニ屬スル清灘約二十町世ニ所謂嵐峽トスル一帶ノ溪山ヲ包括スルモノトス。
嵐山峽附近ハ古生代ノ粘板岩ヨリ成リ地層ノ走向ト嵐山峽大堰川路ノ方向トハ略一致シ地層ノ轉曲スル所流路モ亦轉向シ大堰川ハ一ノ縱谷ニ相當ス。
峽ノ兩岸急傾斜ヲ爲スハ地層ノ傾斜急ナルニ依ル。此ノ間ニ在テ殊ニ嵐山ノ峰巒温然タル態樣ヲ具フルアリ。
全嶺佳樹欝蒼トシテ壁立千尺ニ及ヒ東面シテ斜ニ西北ニ深澗ヲ帶ヒ春ハ櫻秋ハ紅葉ヲ觀賞スヘク夏ハ納涼ニ冬ハ看雪ニ四季共ニ興ヲ牽ク多シ。
京都府府有地ニ於ケル府營ノ龜山公園ハ其ノ地嵐山ノ對岸ニ位置シ溪山麗眺ノ勝區タリ。溪流急灘ヲ成スト雖モ保津川ヨリ此ノ峽谷ヲ下ル舟遊ノ興趣絶佳ナリトシテ稱セラル。書册岩龍門瀧干鳥淵大悲閣ハ峽中ノ名所トシテ人口ニ膾炙セラル。渡月橋並大堰及其ノ堤防亦著名ナリ。
舊京負郭ノ地ニ近接シ宇多天皇大井川行幸以來王朝雅賞ノ名區トシテ推サレシヲ以テ其ノ勝概廣ク中外ニ艶稱セラル。

訪問時は暖冬のためか紅葉せず落葉した木々が散見され、紅葉としては良い年ではなかったようであった。
海外からを含め観光客が異常に多い。

            
 
 

November 21,2015 大野木康夫 movie

今年の紅葉はいまひとつでした。

                                      


April 4,2015 大野木康夫 movie

左岸から渡月橋

                            

渡月橋を渡って中ノ島へ

  

中ノ島

                               

右岸を千光寺大悲閣に向かう

                       

大悲閣

                               

帰路

      

渡し船で左岸へ

             

左岸を渡月橋へ

                                  




Nov.30,2013 瀧山幸伸 video

二尊院付近から嵐山へ

A camera
                                       

B camera
                                                                                             




November 30, 2013 大野木康夫 video

渡月橋周辺

                               

大悲閣方面へ

                                  

渡月橋に戻る

                    

亀山公園へ

                        

亀山公園

                                      





September 16, 2013 野崎順次 HD video
 
京都市右京区
桂川の氾濫
(Flooding of Katsuragawa river, Ukyoku, Kyoto City, Kyoto Pref.)

台風18号による大雨で、京都有数の観光名所として知られる京都市右京区の嵐山を濁流が襲った。付近の桂川が一部で氾濫。渦巻く流れは、中洲にある売店を軒並み水没させ、ランドマークの渡月橋の欄干すれすれまで迫った。川近くの店舗や道路は浸水し、取り残された旅館の宿泊客や住民らの救出作業も続いた。近隣住民が「記憶にない」と口をそろえる大きな被害。紅葉シーズンを前に、嵐山観光に大きな影響が出るのは必至だ。
(msn 産経ニューズ 2013.9.16. 11:49 より)

桂川が嵐山で氾濫した数時間後に現地を訪ねた。被害者の方には申し訳ないが、荒れた水とその影響を観察しておきたかったからだ。阪急京都線のダイヤは乱れており、普通と準急しかなかった。桂川の大増水により、橋の上で徐行運転したためらしい。桂と嵐山間は不通で、もちろん、渡月橋はまだ通行禁止だろう。とりあえず、阪急電車京都線で桂川を渡り、西京極駅からタクシーで桂川の岸に向かった。松尾橋まで行くつもりが、その手前の上野橋で降りてしまった。渡月橋まで約5kmである。川風に吹かれながらひたすら歩く。桂川は中洲も水没してほぼ全幅でとうとうと流れていた。

上野橋あたり

     

上野橋から松尾橋

                  

桂川は大きく左に曲がっていく。見物客がちらほら。

           

渡月橋が見えてきた。橋面まで冠水していたが、その水位が2mばかり減ったのか、橋脚が見えている。南側の中之島はほとんど水没したまま。

               

浸水した店舗や料亭で泥を片付けていた。岸沿いの道は渡月橋の250m手前で通行止めになった。

             

大きく回り道をして渡月橋に近づくと浸水の被害が多くなる。

     

渡月橋は通行止め

    

上流側の被害が甚大で、まだ氾濫が続いていた。

          

橋のたもとで

      






April 5,2013 大野木康夫 HD video

桜の嵐山

                                                                                                                                                 





Apr.2012 中山辰夫

4月12日、JR保津峡駅から嵐山まで歩く。快晴で温暖、ほぼ満開のさくらに満喫できた。
 

常寂光院あたり
    

小倉池あたり。竹はこれからが楽しみ。
    

御神神社付近
    

大河内山荘と竹のトンネル付近
    

亀山公園と展望台
         

大堰川〜渡月橋周辺

          



April,2011 撮影:大野木康夫 HD video

清涼寺の嵯峨大念仏を見た後、常寂光寺を経て、嵐山に行きました。
人は結構少なかったのですが、例年より少ないのか、桜の時期はこんなものなのかはわかりません。

御髪神社の前にも少し桜が咲いています。

   

大河内山荘の前の竹林の小径は少し人が多かったです。

  

嵐山公園亀山地区、通称亀山公園に行きました。桜の木は植わっていて、お花見が行われている印象がありますが、この時期に行ったことはありませんでした。

  

公園の展望台からは保津川が見渡せます。ところどころに桜が咲いていました。
向こう岸に見えるお寺は、大悲閣山千光寺です。
桜がきれいそうで行きたいと思いましたが、あまりにも遠そうなので断念しました。

                    

展望台から下り、桜が多い場所に行くと、近年整備された百人一首文芸苑の一部(古今集、拾遺集、後拾遺集収録分)になっており、歌碑が点在していました。

            

周恩来の詩碑(雨中嵐山)があります。
日中間に摩擦が生じたときは、たまにペンキで汚されたりして報道されますが、普段はひっそりとたたずんでいます。
建設委員長が、私と同じ町内に住んでおられた故・吉村孫三郎さんだったので少し驚きました。

   

詩碑から少し下ると、保津川の河畔です。たくさん浮かんでいるボートや花見船を眺めながら渡月橋に向かいました。

        

渡月橋まで来ると、さすがに多くの人で賑わっていました。
嵐山で花見と言えば中の島なのですが、法輪寺の十三詣りを見たいと思って島にはよりませんでした。

               

法輪寺からの帰り、渡月橋と桜の写真を撮ろうと思いましたが、あまりうまくいきませんでした。
帰らなければならない時間になったので、嵯峨嵐山駅から帰りました。

                         






Feb 2011 大野木康夫

Nov.2010 撮影

洛西から阪急電車で嵐山に向かいました。
中ノ島から渡月橋を見ると、上流側は歩くのが困難なほど多くの人が歩いていました。
渡月橋を渡って嵯峨に入ると、人の数はもっと多くなり、都会の雑踏と同じくらいになりました。

                     

小督塚

高倉天皇の寵愛を受けた小督局が、平家の圧力を避けて仮住まいした辺りに建っているとされています。

   

旧小林家住宅(京都府指定文化財)
文化6(1809)年の建築
桁行13.1m、梁間10.8m、入母屋造、妻入、茅葺
南丹市園部町宍人にあったものを、昭和50年代の半ばに移築したもの。

     






Nov. 2007 瀧山幸伸 DVD quality video AVCHD video Video FAQ

    

朝早くか夕方、観光客が引いた時間に、渡月橋の景観を愛でながら川沿いを散策すれば、至福の時が体験できる。

                    




July 2007 柚原君子

七夕飾りのゆれる渡月橋風景でした。
  

Dec.2006 嵐山花灯路 瀧山幸伸 Preview video 500Kbps HD Video Video FAQ

      

  

     
  
 


Feb.2005 瀧山幸伸 Preview video 500Kbps HD(1280x720) Video FAQ

渡月橋
   

保津川から天龍寺への道
   


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中