JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

京都府京都市上京区 日本聖公会 聖アグネス教会
St.Agnes' church Kamigyoku,Kyoto city,Kyoto

Category
Rating 凡例
Comment 
General
 
Nature
 
Water
 
Sound/Noise
 
Atmosphere
 
Flower
 
Culture
 
Facility

 
Food
 

June 2010 撮影/文 柴田 由紀江

京都市指定有形文化財
京都市上京区烏丸下立売角
竣工:明治31年(1898年)
設計:J.M.ガーディナー
施工:不明
構造:煉瓦造平屋建て

聖堂は、日本聖公会の京都地方部(現・京都教区)の大聖堂として1898(明治31)年に竣工し、献堂式が行われて聖三一大聖堂と命名されました。
設計は立教学院初代校長も務めたアメリカ人建築家ジェームズ・マクドナルド・ガーディナーによるものです。
外観は煉瓦造りのゴシック様式の三廊式バジリカ型で、袖廊の小さい左右非対称の礼拝堂と、烏丸通りに面する東北角にある三層の鐘楼が特徴です。
内部では小屋組みの梁などの木材をむき出しにしたデザインや、南東角に設けられた礼拝準備室(ベストリー)、南西角の八角形に張り出す洗礼室(バプティストリー)など、明治期のキリスト教会堂の特色を伝えています。
1931(昭和6)年の、聖堂東側と内陣の大規模な改修で塔屋上の装飾や烏丸通に面していた説教壇が撤去されるなど、時代を経て改変がありましたが、聖堂内には西バラ窓の他30以上のステンドグラス窓が装飾され、大部分は竣工当時のものが残されています。
煉瓦造りの聖堂としては歴史的に貴重な建築であり、1985(昭和60)年に京都市指定有形文化財に指定されています。ステンドグラスのデザインはJ・M・ガーディナーで、製作は日本人です。またパイプオルガンは1981(昭和56)年に設置されました。
(平安女学院公式サイトより)

 



Dec.1992 撮影:高橋久美子

名前も容姿も可愛らしい

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中