JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

京都府京都市左京区 永観堂
Eikando,Sakyoku,Kyoto city,Kyoto

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

May 14,2017 大野木康夫 movie

青もみじの永観堂

                                                                                                                  


November 22,2015 大野木康夫 movie

紅葉の永観堂も、天候不順で盛りが遅れ気味、境内は赤、オレンジ、黄色、緑の競演となっていました。
ほぼ朝一番の参拝でも境内は人があふれる盛況でした。

南門から覗いた境内

  

総門付近

    

中門へ

      

鶴寿台付近

    

夢庵から放生池の眺め

夢庵は朝から混み合っています。

    

放生池の西側から南側へ

                       

画仙堂付近からの眺め

多くの人が先に建物内へ行くので少し空いていました。

          

放生池から極楽橋を通って御影堂前へ

                 

御影堂北側の道

      

開山堂付近の眺め

                  

多宝塔付近からの眺め

               

開山堂から御影堂前への帰路

              

唐門前、大玄関付近

人が増えてきました。

                 

建物内へ

古方丈、釈迦堂前の庭園

           

釈迦堂庭園

             

釈迦堂から御影堂へ

      

御影堂廻廊から開山堂の眺め

    

御影堂廻廊

     

極楽橋方面の眺め

         

御影堂南側からの眺め

色とりどりの紅葉

                            

御影堂東側

      

位牌堂付近からの眺め

         

阿弥陀堂北側廻廊からの眺め

          

阿弥陀堂正面

  

阿弥陀堂南側

  

阿弥陀堂から外に出て参道付近

           

御影堂前から放生池へ

            

放生池付近

                                          

再び夢庵から

人がさらに多くなっていました。

                    
帰路

           


November 22, 2015 野崎順次 movie

京都府京都市左京区永観堂町48
浄土宗西山禅林寺派
総本山 永観堂 禅林寺
(Eikando Temple, Sakyo-ku, Kyoto City, Kyoto Pref.)


紅葉のシーズンですごい人混みである。その人混みも風物詩の一つと思って、入山したが、堂内の行列に並ぶのはさすがに気が重く、境内の散策だけにした。

総門あたり

       

境内に入って右手の庭園が良い。

             

中門へ

            

中門の中へ

          

放生池と弁天島を見下ろす。

       

さらに進む。

         

御影堂あたり

                     

阿弥陀堂下から永観堂幼稚園あたり

         

放生池の極楽橋とそこからの景色

          

茶店とそこからの景色

        

総門右手の庭園を中から見る。

               

中門を出て、南門に回る。入場希望者の長蛇の列。

           

Apr.2015 中山辰夫

京都市左京区永観堂町48

宗派:浄土宗西山禅林派 本尊:阿弥陀如来(国重文 見返り阿弥陀)

永観堂「正式には無量鷲院禅林寺)は、若王寺山(にゃくおうじざん)山腹の傾斜地の建てられており、寺域の広さが約1万坪の西山禅林派の総本山である。
「もみじの寺」と称され、3000本の楓が境内に植えられ、紅葉の名所として知られている。
カエデ科のタカオカエデ「岩垣もみじ」が弁天島のほとり、他の急傾斜の岩壁に生えることで有名である。

永観堂で外せないのが、境内の中ほどから聞こえる幼稚園生の元気な声と疏水の流れの音。快い響きである。
    

案内
   

秋の素晴らしい美観を想像させる紅葉の樹木が林立する。伽藍を見渡すには、桜が終わり紅葉の新芽がふき出した頃合いが丁度いい。

総門と中門
総門は高麗門、江戸時代末期、1840年建立 中門は江戸時代、1713年(1744年とも)建立、薬医門様式、他に南門がある。
     
この辺りの景色もいい。
参道わき周辺の佇まいもよく見とれるうちに境内へ。教学門・聖峯閣・浴室・本坊に導かれる。聖峯閣は京都3勧学院の一つ。
         

庫裏(鶴寿台)と大玄関
   

大玄関
     

古方丈 「孔雀の間」
廊下に従って進む。
          
古方丈の孔雀の間の欄間には雀が描かれている。向って右端の欄間には五羽の雀が描かれているはずなのに、実際は四羽で一羽少ない。
余りに見事な出来栄えなので、一羽抜け出して飛び去ったと伝える。狩野探幽筆「抜け雀」−七不思議の一つ

唐門 「勅使門」
京都府指定文化財
         
江戸時代、1830(天保元)年建立。四脚の向唐門、入母屋造、檜皮葺、大唐破風造、木鼻に獏の意匠がある。各所に雲龍、唐草の彫刻がある。
現在は当寺の住職が亡くなった際にのみ使われる。盛砂は勅使が踏み、身を清めて入った。夜は、砂壇に月明かりを受けて明かり取りとした。

瑞紫院
    

釈迦堂(方丈)
京都府指定文化財
      
本堂に次いで古い建物。1627年建立。入母屋造、桟瓦葺、六間取りの方丈形式。
各室の襖絵は長谷川等伯筆と伝える松の風(松の間)、竹に虎の図(虎の間)などがあり、襖絵の方が建物より古い。
松の間の三十六歌仙図は伝土佐光信筆とされる。

方丈西庭(唐門前庭)
  
唐門前庭の砂盛、小判型の頂上部は平らになっており、市松文様が描かれている。周囲には砂紋が引かれている。盛砂は夜に月光を反射させるという。

方丈南庭
         
高麗灯籠は400年以上前のもの、悲田梅は七不思議の一つ。

千佛洞
        
釈迦堂と御影堂を結ぶ廊下ちかくにある白亜の建物が千佛洞 。この付近の岩垣紅葉が素晴らしい。


臥龍廊(がりゅうろう)
山野斜面に沿って、巧みに木を組み合せて作られた廊下。起伏が激しく、龍の体内を歩いているような錯覚に陥る。この周辺の紅葉は最高!
          

開山堂へ続く。
   

多宝塔
若王子山に1928年建立。開山堂より上にある。御影堂脇からは約140段の石段が続く。
上部は円形、下部は方形の二重塔。五重塔のように屋根の上に伸びる心柱に九輪と水煙が付いているのが珍しいとされる。和様である。
          
ここから京都の町並みが一望できる。
     

廊下伝いに進む
      

御影堂(みえどう 大殿 祖師殿)
                   
1912年(大正元)年に完成した総ケヤキ造の仏堂。七間七間に一間の付けだし。境内最大の建物、間口八間半、奥行七間、48本の丸柱が使われている。
宗祖法然を祀る堂で、本尊を安置する阿弥陀堂よりも規模が大きい。

三鈷(さんこ)の松
     
御影堂から位牌堂、阿弥陀堂へ行く階段付近にある。葉先が三つに分かれている松の古木。三鈷は「智恵」「慈悲」「まごころ」を表わす。
位牌堂から阿弥陀堂へ
     

阿弥陀堂(本堂)
京都府指定文化財
              
1607年に豊臣秀頼が、1597年に建立された大坂・四天王寺の曼荼羅堂を移築した。
桁行七間、梁間六間、一重入母屋造、本瓦葺、三間の向拝付き、正面と側面に半蔀(はじとみ)式戸、など、貴族の邸宅風建築である。
内陣に本尊・見返り阿弥陀像(国重文)が安置され、天井に「百花図」「散り蓮華」など極彩色に彩色されている。襖絵も多くある。

鐘楼
    
江戸時代、1701年の建立。桁行一間、本瓦葺、方一間吹き抜き、梵鐘は1743鋳造。

手水舎付近
    

放生池周辺と境内
                 

琵琶湖疏水―扇ダム
    
墓地から見る。流れの音が境内に響く。疏水を分水して寺社や別荘等に供給する。
南禅寺水路閣を過ぎて地下に潜った疏水が顔を出す扇ダム跡。現在は機能していない。又地下に潜る。



May 6,2014 大野木康夫 movie

永観堂は紅葉シーズン以外はわりと静かです。
拝観料も大人600円(紅葉シーズンの寺宝特別展は1,000円)です。

参道

     

夢庵からの放生池の眺め

    

玄関から釈迦堂

                

千佛洞から御影堂

         

臥龍廊から開山堂

       

位牌堂から阿弥陀堂

               

玄関に戻る

   

唐門から多宝塔へ

      

多宝塔からの眺め

       

開山堂付近

       

御影堂正面へ

        

放生池周辺

                               

帰路

 






Nov.2012 大野木康夫 HD video

2012.11.20撮影 

紅葉の永観堂として知られ、シーズンには多くの人でにぎわいます。

参道

                   

境内入り口付近

        

夢庵から放生池の岩垣紅葉

                   

諸堂拝観口付近

      

方丈庭園

      

釈迦堂庭園

       

釈迦堂裏側から開山堂、多宝塔方面の眺め

       

御影堂付近

                

阿弥陀堂付近

                             

御影堂前

         

放生池付近

               

橋から諸堂付近への眺めなど

                

弁財天、御茶屋付近

             

イチョウとモミジ

    

放生池西側

                     



Nov.2008 瀧山幸伸 HD video Video FAQ

   

         

                     

                        

             

   

                      

 
        

                               





All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中