JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

京都市東山区 何必館・京都現代美術館
(Kahitsukan1・Kyoto Museum of Contemporary Art, Higashiyama-ku, Kyoto City, Kyoto Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
収蔵品、雰囲気、ロケーションがよい
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
北大路魯山人、村上華岳、山口薫の作品中心
 Facility
 
 Food
 

February 28 and March 6, 2016 野崎順次 movie

京都府京都市東山区祇園町北側

八坂神社近く・祇園四条通りの北側にある、近・現代作品を中心に取り扱っている美術館。
「何必館」の名称は「何ぞ必ずしも」と定説を常に疑う自由な精神を持ち続けたい、という意味合いで名づけられたもので、作品も多くがその考えに基づいて収集されています。
建物は館長である梶川芳友氏が自ら設計したもので、外観は玄静石製のすっきりとしたモダンなビルになっていますが、展示空間は床の間を基調としたり障子越しにとりいれた自然光で鑑賞するスタイルをとったりと各所に工夫が凝らされています。
所蔵の中心は北大路魯山人、村上華岳、山口薫の三人の作品で、他には日本画・洋画・工芸(陶芸、染織など)・写真・書など国内外の幅広いジャンルの作品を所蔵しています。
(アート情報総合サイト「京都で遊ぼう」より)

                       



事務局用 


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中