JAPAN-GEOGRAPHIC.TV


京都府京都市右京区 二尊院
Nison in Ukyoku,Kyoto city,Kyoto

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 小倉餡発祥の地

May 30,2015 大野木康夫

二尊院は現在、本堂が修理中で訪れる人も少なく、ゆっくりと青もみじを撮影しました。




August 3, 2014 野崎順次 movie

京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
小倉山 二尊院
(Nison-in Temple, Ukyo-ku, Kyoto City, Kyoto Pref.)

正式には小倉山二尊教院華台寺(おぐらやま にそんきょういん けだいじ)という。二尊院の名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像に由来する。総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は紅葉の名所として知られる。

境内には公家の二条家、三条家、四条家、三条西家、鷹司家の墓所のほか、伊藤仁斎と伊藤東涯父子、角倉了以と角倉素庵父子の墓などがある。また境内奥には土御門天皇、後嵯峨天皇、亀山天皇の分骨を安置する三帝陵がある。

(ウィキペディア「二尊院」より)

パンフレットと現地説明板、総門(市文)は修理中

参道「紅葉の馬場」

黒門と唐門

市文 本堂 江戸前期
六間取り方丈形式、入母屋造、銅板葺(元は檜皮葺)

国重文 木造釈迦如来立像および阿弥陀如来立像 鎌倉
本堂に安置。鎌倉時代の作。像高は両像とも78.8cm

 

本堂寂光の庭

弁財天御堂、位牌堂、門倉了以翁像、幸せの鐘

墓地への石段

市文 湛空上人廟 江戸前期
方1間、宝形造り、本瓦葺

二尊院空公行状碑 鎌倉中期 建長五年(1253)、花崗岩、高さ 137cm
二尊院を開いた正信房湛空の行状碑で、湛空は法然上人の高弟であった。
鎌倉中期の宋人石工によるもので、基壇上部の葛石中央から、美しい複弁反花座を彫り出し、上に碑石を立てる。

三帝陵、向かって右(北)から土御門、後嵯峨、亀山の各天皇のお墓というが根拠はない。後者の2石塔が重要美術品に認定されている。

二尊院十三重石塔 鎌倉後期、花崗岩

重要美術品 二尊院五重石塔 鎌倉後期、花崗岩、高さ274cm

重要美術品 二尊院宝篋印塔 鎌倉後期、花崗岩、相輪をつけた高さ255cm
川勝政太郎博士が「雄大整美」と表した石造美術の頂点の一つ。

角倉了以、伊藤仁斎、伊藤東涯のお墓

三条西家など公家のお墓が並ぶ。おびただしい数の五輪塔と宝篋印塔である。

帰途、清凉寺の方へ

参考資料
二尊院パンフレット
河合哲雄「石仏と石塔」ウェブサイト
京都情報館ウェブサイト





November 27, 2013 大野木康夫 video





Nov.2012 大野木康夫 HD video


2012.11.21撮影 

落柿舎付近から二尊院に向かう。

二尊院は9時開門ですが、紅葉シーズンで山門に並ぶ人が増えてきたので、少し早く入れてもらえました。

紅葉の馬場を上がると、JR東海のキャンペーンのポスターの場所です。
この日から始まるライトアップの設営が行われていました。

本堂前から唐門の眺めも、ポスターに使われています。

本堂周辺

 

後は境内をうろうろして紅葉と、紅葉を見る人を眺めました。



Nov.2012 大野木康夫

2010.11.26撮影

一昨年の紅葉シーズン、盛り過ぎの状態でしたがきれいでした。




Nov.2010 瀧山幸伸 




Nov. 2007 瀧山幸伸 DVD quality video AVCHD video Video FAQ











All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中