JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

京都市東山区 青蓮院
(Shorenin, Higashiyamaku, Kyoto)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
クスノキ
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

January 15,2017 大野木康夫 movie

神宮道

 

雪の大楠

                       



Nov. 19、2013 中山辰夫

青蓮院は、景勝の地で、貴族が競って住みたがった粟田にある。樹齢数百年のクスノキに門跡寺院としての風格が漂っている。
寺名の読み方は、「しょうれんいん」または「しょうれんにん」と詠む。
青蓮院は青蓮坊という名で比叡山東塔南谷に、延暦寺中堂を本堂と考える僧侶の住居の一つとして始まった。
伝教大師最澄から慈覚大師円仁、さらに安恵と天台宗の主だった人たちが続き住んで、十二代行玄(1097〜1155)の時から京都に里坊を持ち、名も青蓮院と改められて、山の用務の時と都での勤行の時と住み分けるようになった。
青蓮院は京都の寺であり、比叡山の寺でもあり、明治になるまで約730年の間に青蓮院より天台座主を四十八代出している。

概説

境内地図


クスノキと長屋門・風格がある薬医門 クスノキは京都市の天然記念物。

クスノキに被をれた長屋門は、青蓮院だけのもの。

入口付近

華頂殿
客殿(白書院) ここから眺める相阿弥の庭がいい。36歌仙額絵がある。

相阿弥作の庭と龍心池
小御所と客殿並びに好文亭の三建物で囲まれた池を中心としたのびやかな庭である。池の対岸南に粟田山の山裾を利用して高く石組をした滝口が中心。

小御所に近く池のやや狭くなった部分に花崗岩の切石2枚で作られた半円形の反りの美しい石橋が架けられている。この石橋を跨龍橋と呼び、池を龍心池と名づけ、滝を洗心滝という。

龍心池の中央には二千貫に近い大石を池水に浮かぶ如くに据えてある。極めて名石でで、あたかも沐浴する龍の背に水面に見る感じである。

滝口上から樹木は山裾斜面を覆うように山紅葉を交ぜ、四季を通じて見事な景観である。京都近郊の山石と紀州の青石が、美しい皴と色彩感をあおる。

小御所付近
江戸期の御所の小御所を移築。明治に焼失後復興。廊下から見る景色 紅葉や一文字手水鉢


伝狩野派の作の障壁画がある

本堂(熾盛光堂 しょうじょうこうどう)
本尊:熾盛光如来、国宝:青不動明王画像(複製)

不動明王二童子画像(国宝)

宸殿
門跡寺院特有のもの。主要な法要を行う。

浄土宗宗祖の」親鸞聖人が当時の門主慈圓により得度をした縁で、「お得度の間」ともいう。

徳川家康の孫である東福門院(後水尾天皇女御)の御所を移築。明治に焼失後復元。

重要文化財:濱松図 その他狩野派障壁画(焼失前のもの)がある。

四脚門

鐘楼とクスノキ

大玄関(車寄せ)
客殿の先にあり。正式の玄関。

孝明天皇ご使用の輿を陳列。襖絵−日月松桜百鶴図あり。

親鸞聖人−得度された時(9歳)のお姿

伝小堀遠州作「霧島の庭」と叢華殿
霧島ツツジとモミジが群生している

大森有斐の庭と「好文亭 茶室」
後桜町上皇も御使用になった御学問所であるが、放火により焼失し、平成7年に完全復元

日吉社

西方浄土

植髪堂
得度の折りの剃髪をその童形像に植えて祀っている。


植髪堂の親鸞聖人像



資料

参考資料≪配布パンフレット、他≫







November 29, 2013 大野木康夫 video

青蓮院の紅葉はまだかろうじて盛りでしたが、正午過ぎに行って庭園の紅葉が日陰になったためあまりうまく撮影できませんでした。
参道の楠の青葉と紅葉の取り合いは見ごたえがありましたが、ここは夕方かライトアップがいいと思います。




Sep.2011 大野木康夫 HD video

2011.8.7撮影 

青蓮院のクスノキを撮影してみました。

パビリオンコート(旧山名合名会社美術館、国登録有形文化財)

所在地 京都府京都市東山区粟田口三条坊町14-2


大正元(1912)年建築/平成14(2002)年移築
木造、鉄板葺、間口2.0m

大正元年に,現在地の南側隣接地に離れ等と同時に建てられた。
寺院等の旧材を利用して建てられた腕木門形式の門で,扉は七宝文装飾の両折戸とする。
各部材は装飾・風蝕度合いなどから複数の建築から集められたと思われ,一部に鉄材も用いられている。

和館
明治37(1904)年建築/昭和42(1967)年移築
木造平屋建、瓦葺、建築面積105u

当初古美術品の陳列施設として建てられたものを,昭和42年に現在地に移築したもの。
木造平屋建,桟瓦葺で,舟肘木を用い,窓上部に菱形格子を巡らす。
南側面上部は蟇股や欄間彫刻を飾る。現在では内部を改装し,喫茶店等に活用されている。
(国指定文化財等データベースより)

青蓮院から通りを隔てて西側にあります。






Jan.2011 野崎順次

京都府京都市東山区粟田口三条坊町
天台宗 青蓮院門跡
Tendai Sect

撮影日: 2011年1月3日

案内書、案内図

三条通りから大楠を見上げつつ、門をくぐり、入口へ進む。

華頂殿と相阿弥の庭

本堂あたり

庭をめぐる、相阿弥の庭

小堀遠州 霧島の庭

好文亭から本堂へ

宸殿と四脚門

参考資料
青蓮院門跡HP

 

 


Mar.2010 瀧山幸伸 HD video

A camera



B camera


Apr.2009 瀧山幸伸 HD video


Mar. 2006 瀧山幸伸 Preview video 500Kbps HD video Video FAQ




事務局用


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中