JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

京都府宇治市 平等院
Byodoin,Uji city,Kyoto

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

宇治市宇治蓮華116 浄土院養林庵書院 重文 近世以前/住宅 桃山 桃山 桁行9.1m、梁間9.9m、一重、正面入母屋造、背面切妻造、檜皮葺、側面庇附属 19270425
宇治市宇治蓮華116 平等院観音堂 重文 近世以前/寺院 鎌倉前期 鎌倉前期 桁行七間、梁間四間、一重、寄棟造、本瓦葺 19020417
宇治市宇治蓮華116 平等院鳳凰堂 中堂 国宝 近世以前/寺院 平安中期 天喜元(1053) "中堂、両翼廊、尾廊より成る桁行三間、梁間二間、一重もこし付、入母屋造、本瓦葺" 旧板扉8枚、旧鳳凰棟飾1対 18971228 19510609
宇治市宇治蓮華116 平等院鳳凰堂 両翼堂(北) 国宝 近世以前/寺院 平安中期 天喜元(1053) 桁行折曲り延長八間、梁間一間、隅楼二重三階、宝形造、廊一重二階、切妻造、本瓦葺 18971228 19510609
宇治市宇治蓮華116 平等院鳳凰堂 両翼楼(南) 国宝 近世以前/寺院 平安中期 天喜元(1053) 桁行折曲り延長八間、梁間一間、隅楼二重三階、宝形造、廊一重二階、切妻造、本瓦葺 18971228 19510609
宇治市宇治蓮華116 平等院鳳凰堂 尾廊 国宝 近世以前/寺院 平安中期 天喜元(1053) 桁行七間、梁間一間、一重、切妻造、本瓦葺 18971228 19510609

Nov.30,2015 田中康平

京都府宇治市宇治蓮華116

世界遺産 登録:1994年
平等院鳳凰堂 国宝 国宝指定年月日:1951.06.09
平等院観音堂 重要文化財 重文指定年月日:1902.04.17
平等院庭園 史跡・名勝 指定年月日: 1922.03.08

紅葉の景観も美しい。訪問時は一部青葉もあって見頃は12月と思われるが、この状態でも十分見ごたえがある。


アプローチ、表門付近


平等院 鳳凰堂 庭園 観音堂 他

 
April 29, 2015 野崎順次 movie

京都府宇治市蓮華116
朝日山 平等院
(Byodo-in Temple, Uji City, Kyoto Pref.)

ときの権力者、関白藤原道長が左大臣源重信の婦人から譲り受けた別業を、その子頼通が永承7年(1052)にこれを仏寺に改め、平等院としました。永承7年は末法初年に当たるとされ、末法思想が貴族や僧侶らの心をとらえ、極楽往生を願う浄土信仰が社会の各層に広く流行していました。その翌年の天喜元年(1053)には平等院の阿弥陀堂(鳳凰堂)が落慶し、堂内には、平安時代の最高の仏師定朝によって制作された丈六の阿弥陀如来坐像が安置され、華やかさを極めたとされています。約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられ、世界遺産にも登録されております。

平等院の国宝
鳳凰堂(中堂・両翼廊・尾廊)4棟
阿弥陀如来坐像
木造雲中供養菩薩像 52躯
木造天蓋
鳳凰1対
梵鐘
壁扉画14面
(オフィシャルサイト京都観光Naviより)

重要文化財
観音堂
木造十一面観音立像
養林庵書院 - 山内寺院の浄土院に建つ。非公開。
史跡・名勝
平等院庭園 - 浄土式庭園
(ウィキペディア「平等院」より)

パンフレット

アプローチ、JR宇治駅から商店街を経て表参道に入る。宇治茶の店が多く、よいお茶の香りがする。

表門あたり

国重文 観音堂 鎌倉前期

ちょうど盛りの藤棚

国宝 鳳凰堂 平安中期 天喜元年(1053)

梵鐘(模造)

鳳翔館

旧南門 桃山

青もみじ

国重文 浄土院養林庵書院 桃山

その他、羅漢堂回り


January 3, 2015 大野木康夫 movie

山科駅

奈良線の車窓から

JR宇治駅から平等院へ

平等院の雪景色

帰路、京阪宇治駅へ






Apr.5,2014 瀧山幸伸 movie

A camera



B camera







March 22,2014 大野木康夫 movie

鳳凰堂の修理が尾廊を除き終了し、素屋根が解体されました。

門前

鳳凰堂

赤い塗装が鮮やかです。

鳳凰も金色に輝いていました。

養林庵書院

観音堂







Sep.2013 大野木康夫

September 10,2012 

平等院鳳凰堂は平成24(2012)年9月から平成26(2014)年3月まで修理中です。
修理が始まる際の足場組の作業がおこなわれているところです。
修理が終わると瓦が新しくなり、木部や漆喰壁も塗り直されるので色鮮やかな姿になります。




Jan.2011 撮影:大野木康夫

所在地 京都府宇治市宇治蓮華116

1月10日の朝、小雪の舞う中、平等院へ行きました。

ときの権力者、関白藤原道長が左大臣源重信の婦人から譲り受けた別業をその子頼通が、永承7年(1052)にこれを仏寺に改め、平等院としました。
永承7年は末法初年に当たるとされ、末法思想が貴族や僧侶らの心をとらえ、極楽往生を願う浄土信仰が社会の各層に広く流行していました。
その翌年の天喜元年(1053)には平等院の阿弥陀堂(鳳凰堂)が落慶し、堂内には、平安時代の最高の仏師定朝によって制作された丈六の阿弥陀如来坐像が安置され、華やかさを極めたとされています。
約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられ、世界遺産にも登録されております。
(平等院HPより)

観音堂(重要文化財)
鎌倉時代前期の建築
桁行七間、梁間四間、一重、寄棟造、本瓦葺

浄土院養林庵書院(重要文化財)
桃山時代の建築
桁行9.1m、梁間9.9m、一重、正面入母屋造、背面切妻造、檜皮葺、側面庇附属

旧南門
桃山時代の建築
伏見城の城門であったとされる薬医門

鳳凰堂(国宝)
天喜元(1053)年の建築
中堂、両翼廊、尾廊より成る

中堂
桁行三間、梁間二間、一重もこし付、入母屋造、本瓦葺

両翼廊(南)
桁行折曲り延長八間、梁間一間、隅楼二重三階、宝形造、廊一重二階、切妻造、本瓦葺

両翼廊(北)
桁行折曲り延長八間、梁間一間、隅楼二重三階、宝形造、廊一重二階、切妻造、本瓦葺

尾廊
桁行七間、梁間一間、一重、切妻造、本瓦葺





瀧山幸伸

No.1 Mar. 2006 Preview video 500Kbps HD video Video FAQ

                        





鳳凰堂



観音堂



鐘楼



養林院書院


事務局用




All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中