JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

三重県伊勢市 旧賓日館
Kyu Hinjitsukan,Ise city,Mie


Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

伊勢市二見町茶屋566-2 旧賓日館 本館 重文 近代/商業・業務 明治 明治20(1887) 木造、建築面積525.51u、二階建、入母屋造、桟瓦葺及び銅板葺 20100629
伊勢市二見町茶屋566-2 旧賓日館 大広間棟 重文 近代/商業・業務 昭和 昭和10(1935) 木造、建築面積437.47u、二階建、入母屋造、桟瓦葺及び銅板葺 20100629
伊勢市二見町茶屋566-2 旧賓日館 土蔵 重文 近代/商業・業務 明治 明治20(1887) 土蔵造、建築面積26.50u、二階建、切妻造、桟瓦葺 20100629

Mar.2012 大野木康夫 HD video

2012.3.18撮影 

所在地 三重県伊勢市二見町茶屋566-2

旧賓日館は、伊勢神宮の崇敬団体の神苑会(しんえんかい)によって、景勝地二見浦に、賓客の休泊のために建設され、昭和前期に造神宮技師の鹽野庄四郎の指導監督により改修及び増築が行われ、ほぼ現在の規模となった。
本館の御殿の間は、凝った意匠をもつ座敷で、創建時の姿を残している。
昭和前期の大広間棟2階の大広間は120畳敷で、折上格天井を張り、良材を用いて華やかな意匠で設えられている。
旧賓日館は、明治期から昭和前期にかけての建築技術や意匠の進展をよく示している大規模な近代和風建築として高い価値がある。
(国指定文化財等データベースより)

旧賓日館は伊勢市の資料館となっており、NPO法人が指定管理者として管理しています。

私が修学旅行で泊まった松新館が斜め向かいにありました。

本館(重要文化財)

明治20(1887)年の建築
木造、建築面積525.51平方メートル、二階建、入母屋造、桟瓦葺及び銅板葺

大広間棟(重要文化財)

昭和10(1935)年の建築
木造、建築面積437.47平方メートル、二階建、入母屋造、桟瓦葺及び銅板葺

土蔵(重要文化財)

明治20(1887)年の建築
土蔵造、建築面積26.50平方メートル、二階建、切妻造、桟瓦葺

 

内部も撮影できました。

本館1階玄関

さつきの間

ことぶきの間

本館階段

本館2階千鳥の間

本館2階通路

翁の間

御殿の間

大広間棟1階各間

2階大広間

本館中庭周辺

土蔵入口

土蔵内部は美術品が展示してあるため撮影禁止になっています。

3分ほど歩けば夫婦岩です。




July 2011 瀧山幸伸 HD video

A camera

西隣の閉鎖した旅館



B camera



Dec.2009 撮影/文:高橋久美子

明治20年(1887)竣工。 国指定登録有形文化財
塩野庄四カ 設計。 大江新太郎 改築。
木造2階建




All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中