JAPAN GEOGRAPHIC

三重県熊野市 楯ヶ崎

Tategasaki, Kumano city, Mie

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

Jan.30,2019 瀧山幸伸 

Edited movie  Download  Youtube

source movie

漁港からアクセスし、現地で空撮。

                                                                                                                                                        

      


January 5,2019 大野木康夫 source movie

所在地 三重県熊野市甫母町字阿古崎

三重県指定名勝及び天然記念物

ニ木島(にぎしま)湾口の北側に位置し、海上を約200m南東に突出した花崗斑岩(かこうはんがん)の一大岩塊で、高さ約80m、周囲約550mに及んでいる。

頂上に松が生育するほかは、全貌見事な柱状節理(ちゅうじょうせつり)をあらわし、地元では「熊野の海金剛(うみこんごう)」と俗称されている。

楯ヶ崎の名は、楯をつき並べたような大岸壁によると思われ、神話をはじめ、様々な伝説を伝える。

文人雅客の吟詠も多く、鎌倉時代末期の僧基法師(ぞうきほうし)は熊野紀行に「楯が崎といふ所あり、神のたたかひしたる処とて楯をついたるやうな岩ほどあり。うつ波に満ち来る汐のたたかふを楯が崎とはいふにぞありける」と歌っている。

(三重県教育委員会文化財情報データベースより)

国道311号の駐車場から遊歩道へ

    

よく整備された遊歩道が続く

          

阿古師神社

      

再び遊歩道へ

   

千畳敷

ここまで国道から1.9km

       

二木島灯台

  

楯ヶ崎

千畳敷が平坦なので、断崖近くまで進みながら撮影

いい釣り場らしく、釣り人は断崖の中ほどまで下りて釣りをしている。

曇っていたが、夕日も時々顔を見せる。

                       

柵のある展望台から撮影

              

展望台の東から撮影

                  

海金剛

        

帰路

日が暮れる前に駐車場に到着

    

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中