JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

宮城県村田町 
Murata town,Miyagi
Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

Nov.8,2016 瀧山幸伸 movie

村田町村田伝統的建造物群保存地区

重要伝統的建造物群保存地区の選定
平成26年3月10日 伝統的建造物群保存地区を決定(村田町)
平成26年3月13日 重伝建地区の選定申出(村田町から文部科学省)
平成26年5月16日 重伝建地区に選定することを文部科学大臣に答申(文部科学省文化審議会)
平成26年9月18日 宮城県で初の重伝建地区に選定(官報告示)


保存地区の概況
■保存地区の名称   村田町村田伝統的建造物群保存地区
■保存地区の所在地  村田町大字村田字町の一部
■保存地区の面積   約7.4ヘクタール
■保存計画        保存計画(PDFファイル)
■重伝建選定基準   (一)伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの

(選定基準)
重要伝統的建造物群保存地区選定基準(昭和50年11月20日 文部省告示第157号)伝統的建造物群保存地区を形成している区域のうち次の各号の一に該当するもの
(一)伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの
(二)伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持しているもの
(三)伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示しているもの
■伝統的建造物及び環境物件の特定数
伝統的建造物(建築物) 81件
伝統的建造物(工作物) 42件
環境物件            1件
合  計          124件(平成28年4月現在)


重伝建地区の概要
保存地区の歴史

村田の町場は、村田館より東に見下ろす位置に展開し、町中央を南北に通っている街道は、南は大河原、北西へは川崎を経由して笹谷峠、山形、北東へは菅生を経由して仙台城下へと通じており、主に川崎や山形方面への主要な交通路でした。
村田における紅花の取引は、遅くとも18世紀初期に始まっており、柴田郡や刈田郡の周辺において生産された紅花を集荷する仙南地方の拠点となっています。村田に集積された紅花は、上方や江戸へと出荷されました。上方への輸送は、笹谷峠を経て山形の大石田で船に積み替え、最上川を下り酒田から日本海を北前船で運んでいます。
村田商人は、京都で売った紅花の代金で、帰り荷として上方の物資を大量に購入し、鋸商(のこぎりあきない)を行いました。当時、上方の物資は日本海の航路で運ばれることが多く、酒田や山形と交通の便がよかった村田は、上方と仙南地方を結ぶ中継商業地として繁栄しました。
明治22年(1889)に村田郷は近隣の3つの村と合併して「村田村」となり、更に明治28年(1895)には「村田町」となりました。明治15年(1882)頃に化学染料アニリンの普及により、紅花の取り扱いはなくなりますが、その後も江戸時代以来の商品は引き続き扱われ、さらに味噌、醤油、生糸、薪、炭、紡績糸、洋反物、繭などの集散地となります。有力商人の中には、株主や大地主として新たな活路を見出す者もあり、昭和期に至るまで商業地として繁栄を続けました。
戦後以降は経済基盤の変化や生活の近代化、自動車交通網の発展などにより、商業地としての役割は薄れ衰退の一途をたどりましたが、近世から近代にかけて築かれた町並みは姿を留め、当時の繁栄ぶりを今に伝えています。

保存地区の特性

慶應2年(1866)居屋敷並家中屋敷絵図面(写)
慶應2年(1866)居屋敷並家中屋敷絵図面(写)
慶応2年(1866)の状況が描かれているとされる絵図『居屋敷並家中屋敷絵図面(写)』には、村田館の東側に河川に沿って町が描かれています。町は、村田館に東面して「表小路」を南北に、そして、番所から「大手小路」、その北側に「北小路」を東西に配し、それらによって区画された宅地は「侍屋敷」となりました。さらに、その東側に道幅の広い街路が南北に通っており、その両側には、北から「足軽屋敷」、「町家」と記された街区が形成されています。また、各街路に沿って水路が整然と配置されている様子がうかがえます。
商業地の中心となった「町家」の短冊形の地割の状況は、水路の位置にやや違いが見られるものの、ほぼ現在に受け継がれています。
保存地区内の伝統的建造物は、江戸後期から昭和20年代までに建てられた、土蔵造や塗屋造、真壁造の商家、そして洋風建築等で、中でも、耐火性能を備えると同時に富の象徴として、明治前期から大正期にかけて次々と建てられた土蔵造の店は、本町地区を中心に多数残っており、ひときわ存在感を醸し出しています。戦後以降、改築や建て替えが行われたものもありますが、今なお多くの伝統的建造物が残された町並みは、近世から戦後にかけて商業地として繁栄した町の歴史を、今日に色濃く伝えています。

(村田町)


                                                                                

ヤマショウ 
紅花で栄えた商家
                                                                           
                                            


                                                                            



May.2005 瀧山幸伸 Preview video 500Kbps HD(1280x720) Video FAQ

        

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中