JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

宮崎県串間市 旧吉松家住宅
Kyu Yoshimatsuke, Kushima city,Miyazaki

Category
Rating 凡例
Comment 
General
 
Nature
 
Water
 
Sound/Noise
 
Atmosphere
 
Flower
 
Culture
 
Facility

 
Food
 

串間市大字西方5509 旧吉松家住宅 主屋 重文 近代/住居 大正 大正8(1919) "座敷部、居室部、大広間部、離れ部、台所部、奥座敷部よりなる 座敷部 木造、建築面積134.29u、桟瓦葺、北面居室部、南面大広間部に接続 居室部 木造、建築面積106.95u、二階建、桟瓦葺、西面台所部に接続 大広間部 木造、建築面積93.13u、桟瓦葺、南面離れ部に接続 離れ部 木造、建築面積40.57u、桟瓦葺 台所部 木造、建築面積62.73u、桟瓦葺、南面奥座敷部に接続 奥座敷部 木造、建築面積104.53u、桟瓦葺" 20081202
串間市大字西方5509 旧吉松家住宅 内蔵 重文 近代/住居 大正 大正8(1919)頃 木造、建築面積15.96u、二階建、南面蔵前附属、桟瓦葺 20081202
串間市大字西方5509 旧吉松家住宅 物置 重文 近代/住居 大正 大正8(1919)頃 木造、建築面積70.53u、南面渡廊下附属、桟瓦葺 20081202
串間市大字西方5509 旧吉松家住宅 外風呂 重文 近代/住居 大正 大正8(1919)頃 木造、建築面積22.99u、桟瓦葺 20081202
串間市大字西方5509 旧吉松家住宅 外蔵 重文 近代/住居 大正 大正8(1919) 木造、建築面積40.34u、二階建、桟瓦葺、南面下屋附属 20081202


Dec.2011 瀧山幸伸 HD video



国指定重要文化財
指定日:平成20年(2008)12月2日 種別:建造物 指定基準:(一)意匠的に優秀なもの
国登録有形文化財
指定日:平成16年(2004)2月17日
敷地面積:950坪
所在地:宮崎県串間市大字西方5509-ィ(仲町通・旧志布志街道沿い)
現所有者:串間市 大正8年上棟

主屋・内蔵・物置・外風呂・外蔵
表門=間口5.5m 石塀=延長66m
構造形式: 座敷部、居室部、大広間部、離れ部、台所部、奥座敷部からなる。
座敷部=木造、建築面積134.29u、桟瓦葺、北面居室部、南面大広間部に接続
居室部=木造、建築面積106.95u、二階建、桟瓦葺、西面台所部に接続。 
大広間部=木造、建築面積93.13u、桟瓦葺、南面離れ部に接続。
離れ部=木造、建築面積40.57u、桟瓦葺。
台所部=木造、建築面積62.73u、桟瓦葺、南面奥座敷部に接続。
奥座敷部=木造、建築面積104.53u、桟瓦葺。

吉松家は、豊臣秀吉の九州征伐に敗れた秋月種長が、甘木(福岡県)から高鍋・串間へ配置替えとなった時、秋月氏に従って串間へ入ったと伝えられおり、その後江戸時代を通じて武士と同格の家柄でした。
近世において庄屋をつとめ、明治以降、山林経営により発展した家で、政界にも進出し、地域の政治・経済の牽引役を果たしてきました。
旧吉松家住宅は、その全盛期にあたる大正年間に建築されました。
現存する主屋は大正8年の上棟。木造一部2階建で、接客部や居室部、台所部からなる複雑な平面をもち、格天井の玄関、折上格天井を有する洋間の応接室、2階へ上る階段、奥座敷の仏間、廊下の窓ガラスは、当時の職人による手作り板ガラス、廊下の梁は10mを超える見事な一本材が使われ、大広間の床の間には榧の一枚板を使うなど、随所に良質材を用いて意匠を凝らしており、近代和風建築の粋を結集した大規模な建物である。
主屋のほか、内蔵、物置、外風呂、外蔵など屋敷全体の構成を完存している点においても極めて価値が高い。
昭和60年(1985)頃まで使用され、その後は空家となっていたが、平成15年(2003)に串間市が購入し、平成19年(2007)4月9日以降、資料館として一般公開されている。
(文化庁、国指定文化財等データベース)

動態保存の積極的な取り組みが評価できる。施設入場料が志納で良いこと、施設が格安で貸切利用できること、スタッフのホスピタリティが優秀であることなど、他でも見習う点が多い。

A camera



B camera


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中