JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

宮崎県宮崎市 宮崎科学技術館
(Miyazaki Science Center, Miyazaki City, Miyazaki Pref.)


Category
Rating 凡例
Comment 
General
児童用の市の施設として充実している。
Nature
 
Water
水を使った実験設備
Sound/Noise
 
Atmosphere
 
Flower
 
Culture
宇宙、エネルギー、興味深い科学実験など
Facility

 
Food
 

March 21, 2015 野崎順次 movie

宮崎県宮崎市宮崎駅東1丁目2番地2

高さ40mの「H−1ロケット」をシンボルに、直径27mのプラネタリウムドームをもち、多くの市民に親しまれている施設。「科学と遊ぶ」をテーマに、年代を問わず科学の不思議さや面白さを体験、楽しみながら学ぶことができる。平成16年5月のリニューアル時に、アポロ11号月面着陸船実寸大模型をはじめと宇宙への夢をかりたてる展示や、大気圧実験装置、真空落下実験装置など学校の学習と連携した大型の実験装置を設置。3万8000個の星々を映し出すプラネタリウムは、投映機と全天ビデオ投映システムを駆使し、宇宙への夢と感動を体験できる。 (Yahoo!ロコ「宮崎科学技術館」より)

アプローチ、鹿児島から宮崎へJR日豊本線で行く。130q位の距離だが特急きりしまで2時間余かかる。

科学技術館外観、中央のドームはプラネタリウム。
この日は平日で閑散としていた。休日には子供たちが押し寄せるそうだ。

1階の展示

2階の展示。宇宙輸送船操縦のシミュレーションをしたら、80点だった。操縦がやや悪く、積み荷が少し破損したと嫌味を言われた。休みの日には子供たちの列ができるんだろうなあ。

3階はプラネタリウムだが、今回は見ていない。

その後、宮崎で食べたもの、宮崎牛(平家の郷JR宮崎店)と地鶏炭火焼(丸万焼鳥 支店)






All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中