JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

長野県松本市 旧松本高等学校
Former Matsumoto high school,Matsumoto city,Nagano

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

松本市県3-1-1 旧松本高等学校 本館 重文 近代/学校 大正 大正9(1920) 木造、建築面積1,273.05u、二階建、桟瓦葺一部鉄板葺 20070618
松本市県3-1-1 旧松本高等学校 講堂 重文 近代/学校 大正 大正11(1922) 木造、建築面積637.29u、一部二階建、銅板葺、西南部玄関・南面東昇降口附属 20070618
May 30, 2013 野崎順次 HD video

長野県松本市県三丁目1番1号

旧制松本高等学校は,大正中期の高等教育機関拡張期に開校した文部省直轄学校のひとつで,設計を文部省大臣官房建築課が担当し,本館は大正9年8月,講堂は同11年8月に竣工した。

旧松本高等学校本館及び講堂は,大正期における高等教育機関拡張期に最初に設立された高等学校のひとつであり,当時の木造学校建築の特徴を典型的に示している。また,本館と講堂の両方が当初位置に残っているという意味でも高い価値がある。

現在は松本市が所有し、本館を公民館・図書館・博物館を含んだ「あがたの森文化会館」として保存・活用し、市民の生涯学習活動の拠点となっている。

パンフレット

国重文 旧松本高等学校本館 大正九年(1920)
木造、建築面積1,273.05平方メートル、二階建、桟瓦葺一部鉄板葺
本館は,コの字形の平面をもつ木造二階建校舎で,北西の隅切り部に玄関などを設ける。外観は,下見板張に窓廻りの化粧材を連続させて現し,玄関二階の三連窓上部には駒形破風を載せて装飾する。

外部を左回りに見て行く。北を上にすると建物平面図は逆コ形を呈する。仮に北棟、西棟、南棟と呼ぶことにする。まず、北西から見た全景、玄関を中央に左が北棟、右が西棟。

北棟を東に回り込むと中庭にはいる。北棟と西棟。

西棟から南棟

中庭の全景と復元門柱

南棟

西棟

本館内部1階、正面玄関から入り右(西棟)に行くと「あがたの森図書館」がある。

西棟と南棟の角に2階への階段がある。上らない。

南棟1階の復元教室、照明は電球1個だけで暗く、眼鏡をかけた学生が多かったと云う。

廊下をずっと東へ歩く。

2階への階段がある。

南棟2階

正面階段を過ぎて広い集会室を見て、正面階段に戻り1階へ下る。

北棟1階の復元校長室、本箱には臼井吉見、辻邦生、北杜夫など卒業生の著作が見られる。

国重文 旧松本高等学校講堂 大正十一年(1922)
木造、建築面積637.29平方メートル、一部二階建、銅板葺、西南部玄関・南面東昇降口附属
講堂は,木造平屋一部二階建で,本館同様の外観とするが,玄関ポーチなど,内外の装飾細部の意匠密度を高めている。

南西の正面玄関から南面

東面

西面から北面

参考資料
国指定文化財等データベース
松本市HP





June 2011 瀧山幸伸 HD video

A camera



本部棟


講堂


B camera






June 2008 撮影・文 高橋久美子

 公園内には芝生の園地や庭園が造られ、本館の一部は図書館になっている。ヒマラヤ杉の並木がいい雰囲気造りをしています。
 本館・講堂とも市民の利用に提供しながら保存するというスタイルをとっていて、この日も女声コーラスの歌声が響いていた。
 旧制松高の逸話は北杜夫の「どくとるマンボウ青春記」に面白く書かれている。



講堂
Kodo



本館
Honkan







All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中