JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

長野県塩尻市 奈良井
Narai,Shiojiri city,Nagano

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
いたる所に水場があり、生活に密着している
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

塩尻市大字奈良井379 手塚家住宅(長野県塩尻市奈良井) 主屋 重文 近世以前/民家 江戸末期 天保11(1840) 桁行12.4m、梁間10.9m、二階建、切妻造、鉄板葺、西面廊下及び居室附属 普請関係文書6冊、家相図1枚 20071204
塩尻市大字奈良井379 手塚家住宅(長野県塩尻市奈良井) 別棟座敷 重文 近世以前/民家 江戸末期 天保11(1840) 桁行9.9m、梁間15.9m、切妻造、鉄板葺、西面廊下及び便所附属 20071204
塩尻市大字奈良井379 手塚家住宅(長野県塩尻市奈良井) 土蔵 重文 近世以前/民家 江戸末期 文久3(1863) 土蔵造、桁行11.4m、梁間3.7m、二階建、切妻造、鉄板葺 20071204

Apr.22,2015 川村由幸




June 15, 2014 瀧山幸伸 movie

A camera


B camera


June 2012 瀧山幸伸 HD video

A camera


大宝寺 マリヤ地蔵


上問屋資料館(手塚家住宅)





B camera


大宝寺 マリヤ地蔵


上問屋資料館(手塚家住宅)



Sep.2009 瀧山幸伸 HD video







中山道 平沢から奈良井 ドライブ
Nakasendo Hirasawa to Narai drive
June 2005 Preview video 500Kbps HD quality(1280x720): supplied upon request.

中山道 奈良井 ドライブ
Nakasendo Narai town drive
June 2005 Preview video 500Kbps HD quality(1280x720) Video FAQ


Map 奈良井北
Map 奈良井南

奈良井宿
Narai




July 2004
No.1 Preview video 500Kbps HD(1280x720) Video FAQ
No.2 Preview video 500Kbps HD(1280x720) Video FAQ

Sep.2003 Preview video 500Kbps Hi Quality
Aug.2003 Preview video 500Kbps Hi Quality

【街並】
奈良井千軒と呼ばれたほど賑わった宿場だ。国の伝統的建造物群保存地区に指定されている。
街並は素晴しいのだが、車の通行が意外に多く落ち着いて散策できないのがつらい。街中に駐車している車も目立つ。生活を優先すると街並演出が犠牲になる。訪問客を優先すると生活が犠牲になる。観光に依存するならば、税収増などの利益を原資として迷惑を蒙る生活者に補償するシステムが必要だ。
街道の表側はどの宿場の街並も美しく保つように意識するが、ここでは路地や裏道路も奇麗に管理されており、住民の美意識に敬服する。
アスファルトの舗装を廃止すればさらに素晴らしい街並になるであろう。







【建築】 
下屋、葺材の押縁を見てみよう。波型のデザインが美しい。建物の間口は狭いが奥行きは深い。

中村家住宅
Nakamurake







鉤曲り



【植栽修景と看板】 
蔓性の植栽が建物に潤いを与える。建物の足元に緑があるので美しくない道路との不連続性が和らぎを与える。赤い和傘は愛嬌だ。看板は控えめで美しい。富山の井波のように町中が彫刻看板であればなお素敵だろうとも考えたが、井波は門前町で彫り師をかかえていた歴史があるから良いのであって、その文化がない木曽に借り物として持ち込むのは考え物だ。



【水場】 
街中に多数の水場がある。それぞれ個性あるデザインとなっており、街並に潤いを与えている。水神を祭り、水を大切に扱っている。これらが生活に利用されるのはもちろんのこと、訪れる人のために歓迎の表示がある柄杓が提供されているなど、訪問者に対する住民のホスピタリティが伝わってくる。



【ストリートファニチャ】
道端のコーヒー看板と路上駐車。ただ1点のストリートファニチャのミスマッチやちょっとした路上駐車が街並の印象を大きく変える。
煙草屋のレトロな看板に対峙する、無機質で違和感のあるタバコ自動販売機。
鉤曲がりにある双体道祖神。「交通安全」と彫られているので興醒めする。
宿場を演出する駕籠。
旅籠の風情を演出する建物。看板、照明、暖簾が美しい。
軒下のタカノツメ。ストリートファニチャではないが、景観演出として美しいし実用性もある。
造り酒屋の杉玉。 本来、杉玉を軒に吊り下げることによって新酒の完成を知らせたが、現在ではデザインとして重要だ。造り酒屋のアイデンティティとなっており美しい。造り酒屋は和風の街に必須と思われる。良い街には良い酒がある。




【並木道と二百地蔵】
宿場の入り口、駅付近に街道の並木道が保存されている。並木をさらに復元延長すればなお嬉しい。


【町おこしはハードかソフトか】
道の駅に檜造りの立派な橋を新しく架設した。観光名所創りを意識したのだろうが、このような大金をどう使うべきか、公共資金の使い方を考えさせられる。
訪問客の心に訴える観光振興策を訪問者と一緒に考えるほうが良いのではなかろうか。ハードウェアの評価は比較的簡単だ。忠実な宿場町の再現に使えばよい。ソフトウェアの評価は難しい。イベント、例えばふるさと制度など、リピーターとのコミュニケーションに振り向けることも重要だ。旅館が宿泊者に挨拶のはがきを出すように、街が訪問者に「またおいでください」とメールで案内を出すのは当然のことだと思う。メルマガを出す観光地は増えて行くだろうが、その質が問題だ。観光協会主導ではぎらぎらしてしまう。学校や個人、文化レベルで「私の家にいらっしゃい」も言える交流が必要であろう。


奈良井のまとめ アセスメント 合計14点

周辺の自然と景観 +1
電柱なし +2
橋の必然性、フィーチャリング、時代考証 -1
宿場町の街並と建築物 +3
旧街道の並木保存 +1
植栽、花 +1
水場 +4
中山道フィーチャリング+1
住民のホスピタリティ +2


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中