JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

長崎グラバー園
Nagasaki Glover park

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

長崎市南山手町2グラバー園構内 旧グラバー住宅(長崎県長崎市南山手町) 主屋 重文 近世以前/住宅 江戸末期 文久3(1863) 木造、建築面積510.8u、一階建、桟瓦葺 19610607
長崎市南山手町2グラバー園構内 旧グラバー住宅(長崎県長崎市南山手町) 附属屋 重文 近世以前/住宅 江戸末期 文久3(1863) 木造、建築面積129.2u、一階建、桟瓦葺 19610607
長崎市南山手町2グラバー園構内 旧リンガー住宅(長崎県長崎市南山手町) 重文 近代/住居 明治 明治元(1868)頃 木及び石造、建築面積350.8u、一階建、桟瓦葺 19660611
長崎市南山手町14グラバー園構内 旧オルト住宅(長崎県長崎市南山手町) 主屋 重文 近世以前/住宅 江戸末期 慶応元(1865) 木及び石造、建築面積504.1u、一階建、正面車寄付、桟瓦葺 噴水1基 19720515
長崎市南山手町14グラバー園構内 旧オルト住宅(長崎県長崎市南山手町) 附属屋 重文 近世以前/住宅 江戸末期 慶応元(1865) 煉瓦造、建築面積108.1u、一階建、西面庇付、桟瓦葺、主屋間渡廊下附属 19720515
長崎市南山手町14グラバー園構内 旧オルト住宅(長崎県長崎市南山手町) 倉庫 重文 近世以前/住宅 江戸末期 慶応元(1865) 煉瓦造、建築面積12.5u、一階建、桟瓦葺 19720515


Dec.22 2009 撮影:瀧山幸伸 HD video

明治時代外国人居留地だった南山手地区にグラバー邸が残されていた。
昭和49年(1974)市内の洋館を集め保存する目的でグラバー園が開設された。
1st camera






旧三菱第2ドックハウス
Mitsubishi Daini dock house




旧長崎高商表門衛所
Nagasaki Kosho gate


旧長崎地方裁判所長官舎
Nagasaki court head residence


旧ウォーカー住宅
Walker house


旧リンガー住宅 (重文)
Linger house


旧オルト住宅 (重文)
Alt house


旧スチイル記念学校
Steel memorial school





旧自由亭
Jiyutei



旧グラバー住宅(重文)
Glover house


展示館




2nd camera















































Dec.2005 撮影:瀧山幸伸

Preview video 500Kbps High Vision





旧三菱第2ドックハウス
Mitsubishi Daini dock house
明治29年(1896)建築。
ドックハウスは、ドック入り時の船員宿泊施設。


旧長崎高商表門衛所
Nagasaki Kosho gate
長崎高等商業学校は明治38年(1905)の創立。



旧長崎地方裁判所長官舎
Nagasaki court head residence
明治16年(1883)に、裁判所長官舎として旧八百屋町に建てられた明治官庁建築の一つ。
当時の長崎で居留地外の市街地に唯一洋風の様式を取り入れた住宅。



旧ウォーカー住宅
Walker house
明治16年頃の建築。張り出したウィンドウが美しい。
ウォーカーは東洋航路日本郵船「高千穂丸」の船長。
後にウォ−カ−商会を設立し、 海運業、清涼飲料水の会社を経営した。



旧リンガー住宅 (重文)
Linger house

木造、外壁石造。
角列柱のベランダを持ち、正面中央がエントランス。
中廊下左右に各室を配置する、典型的な平面計画。
シンプルな外装とベランダ軒裏が美しい。
フレデリック・リンガーは、元治元年(1864)には既に長崎に来ているが、この建物は、その後まもなく建てられたと推定されている。
リンガーが次男シドニー・アーサーとともに居住したので、リンガー(弟)邸と呼ばれた。
リンガーは初めグラバー商会に勤めたが、明治元年(1868)ホームとホーム・リンガー商会を設立し、外国貿易・商社代理店・製茶・ガス等の事業に幅広く活躍した。
居留地の英字新聞ナガサキプレスを刊行したり、捕鯨業やトロ−ル漁業、長崎市の上水道敷設なども行った。
昭和15年閉鎖までの70余年間、リンガー商会は長崎の産業経済界に大きな功績を残した。



秘密結社であるフリーメーソンの図柄を現した門柱が興味深い。


蝶々婦人のオペラ歌手、三浦環ゆかりの展示
Miura Tamaki exibition

オペラ「蝶々夫人(マダム・バタフライ)」の舞台は長崎。
アメリカの作家ロングが長崎で実際に起こった外国人と長崎娘の悲恋を題材に小説とし、アメリカの雑誌に発表したところ大ヒット。それをもとにプッチーニのオペラが創られた。





旧自由亭
Jiyutei

明治11年(1878) 西洋料理店「自遊亭(のち自由亭)」として諏訪神社下に建築された。
10年ほどのちに廃業し、 その後昭和48年まで長崎地方裁判所の検事正官舎として使用されていた。






旧オルト住宅 (重文)
Alt house

英人技師の設計といわれる平面図が、大浦天主堂を建てた天草の小山家に遺っている。
高い天井、石造りの円柱、切妻屋根のポーチ、色使いが印象的で大変美しい建築。
オルトはお茶の輸出で巨利を得、自分でも製茶業を営んだ。
活水女学校が明治12年に創立され、仮校舎に使用された。
その後リンガーの長男が住んでいたので、リンガー(兄)邸と呼ばれた。



旧スチイル記念学校
Steel memorial school

明治20年(1887)米国人スチイル博士が寄贈した資金により開設された学校で、 東山手9番地に建てられた。
海星学園高校校舎にも使用され、 現在はグラバ−家関係の資料館となっている。






旧グラバー住宅(重文)
Glover house

文久3年(1863)の建築。
木造洋館としては日本最古。
大浦天主堂等を請負った天草の小山秀の施工といわれている。
英人グラバーは、安政6年(1859)上海から長崎に来てグラバー商会を設立し貿易に従事した。
当初居留地内を転々としたが、風光明媚なこの地に接客用を主とした木造洋館を建てた。
その後住まいの根拠とし、増築や模様替えがなされて明治の中頃には現在の姿となった。
平面計画は四葉のクロ−バ−の形をしている。
各部屋の独立性が高く、隠れ部屋などもあり興味深い。
庭園が美しく、部屋から長崎を一望できる。
その眺望は昼も夜も見事で筆舌に尽しがたい。

グラバーは貿易業を営むほか、高島炭鉱の開発、造船、製茶などを営んだ。
ジャパン・ブルワリ・カンパニ−の設立にも携わり 「キリンビ−ル」を発売した。
また、坂本竜馬、高杉晋作、伊藤博文など多くの維新の志士と交流し、かくまうなどの援助を行った、明治維新の陰の功労者。
ちなみに坂本竜馬は慶応元年(1865)来崎し、日本最初の貿易商社、亀山社中を設立した。





撮影:高橋明紀代



長崎くんち展示
Hagasaki Kunchi exibition

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中