JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

長崎 崇福寺
Nagasaki Soufukuji

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

長崎市鍛冶屋町7-5 崇福寺護法堂(関帝堂又観音堂) 重文 近世以前/寺院 江戸中期 享保16(1731) 桁行三間、梁間五間、一重、入母屋造、本瓦葺 19100829
長崎市鍛冶屋町7-5 崇福寺三門(楼門) 重文 近世以前/寺院 江戸末期 嘉永2(1849) 桁行三間、梁間二間、二重門、入母屋造、本瓦葺、左右脇門付 19060414
長崎市鍛冶屋町7-5 崇福寺鐘鼓楼 重文 近世以前/寺院 江戸中期 享保13(1728) 桁行三間、梁間二間、二重、入母屋造、本瓦葺 19100829
長崎市鍛冶屋町7-5 崇福寺大雄宝殿 国宝 近世以前/寺院 江戸前期 正保3(1646) 桁行五間、梁間四間、二重、入母屋造、本瓦葺 19060414 19530331
長崎市鍛冶屋町7-5 崇福寺第一峰門 国宝 近世以前/寺院 江戸前期 寛永21(1644) 四脚門、入母屋造、本瓦葺 19060414 19530331
長崎市鍛冶屋町7-5 崇福寺媽姐門 重文 近世以前/寺院 江戸中期 寛文6(1666) 三間三戸八脚門、入母屋造、桟瓦葺 19720515


Dec.23 2009 撮影:瀧山幸伸 HD video

福州出身の在留唐人が中心となって、福州から僧超然を招き創立した寺。
寺内には中国で材を切組み中国工匠が建てた中国建築が多い。
1st camera






2nd camera






Dec.2005 撮影:瀧山幸伸

Preview video 500Kbps High Vision






楼門(重文)

竜宮門と呼ばれる。崇福寺を象徴するふくらみのある意匠。
最も中国趣味の濃厚なこの門だが、日本人工匠の手になる。
建立年代も最も新しい。
山門が火災で滅失倒壊したあと、嘉永2年(1849)この様式で再建された。
基部は石の練り積み漆喰塗り。
これに屋根を架し、その上に入母屋の上層をのせ、勾欄をめぐらした楼門(二階建ての門)。









第一峰門 (国宝)

中国寧波で材を切組み、元禄8年(1695)唐船数隻に分載搬入され建築された。
軒下の複雑な構造組物は他に例がなく、華南地方にも稀という。
軒下軒裏には極彩色の吉祥模様を施し、雨がかり部分は朱丹一色塗。



大雄宝殿 (国宝)

釈迦(大雄)を本尊とする大雄宝殿は、中国で切組み唐船で運び生保3年(1646)建立された。
当初は単層屋根。延宝天和の頃、重層を付加し現在の姿となった。
軒回りの逆凝宝珠束が珍しい。
廊の天井は黄檗天井と呼ばれるアーチ型。
下層が中国様式であるのに対して、上層部の建築様式は和様を基調としているが、両者違和感なく調和している。



媽姐(まそ)門 (重文)

媽姐堂の前にあり、大雄宝殿と書院玄関をつなぐ渡廊下を兼ねる。
文政10年(1827)再建されたもの。
媽姐は、ぼさ(菩薩)ともいい、ぼさ門とも呼ばれる。
八脚門3間3戸形式。扉の前面は黄檗天井、背面は山形天井を成す。
木割が大きく、外観は雄大。
建築様式は和様。



まそ堂


護法堂 (重文)

韋駄天を祀る。
享保16年(1731)の建立。
柱上部の藤巻・挿肘木・扇垂木・半扉・黄檗天井などに黄檗様式があり、柱礎石の彫刻模様も中国工匠の作と思われるが、妻飾りは和様。



鐘鼓楼 (重文)

上階に梵鐘と太鼓を置き、鐘楼と鼓楼を兼ねる。
享保13年(1728)の建築。
懸魚や破風等の細部に和風様式が混入している。
上層は梵鐘や太鼓の音を拡散させるために丸窓・火燈窓等の開口部が多い。





All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中