JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

奈良県御所市 中村家住宅
(Nakamura Residence, Gose City, Nara)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water    
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

御所市名柄339 中村家住宅(奈良県御所市名柄) 重文 近世以前/民家 江戸前期 寛永9(1632) 桁行22.1m、梁間11.2m、切妻造段違、北面庇付、本瓦葺 19680425


 
January 25,2015 大野木康夫 movie


所在地 奈良県御所市名柄339

慶長年間の建立と伝える住宅で、十七世紀前半に建立されたものと推定される。
栗山家住宅とともに古い遺例として重要である。
(国指定文化財等データベースより)

近くの葛城酒造

中村家住宅

寛永9(1632)年の建築
桁行22.1m、梁間11.2m、切妻造段違、北面庇付、本瓦葺






Oct.2011 野崎順次

奈良県御所市長柄339

重文

撮影日: 2011年10月16日

背後に葛城山の長々とした尾根を頂いた名柄の地は、古くは長江といい、それがいつしか転じて現在の名になったという。ここには旧街道沿いに古い民家が軒を連ねており、江戸時代の雰囲気を色濃く残している。中村家住宅は御所市内で最も古い建物で、中世、吐田城主だった吐田越前守の子孫にあたる中村正勝が慶長期(1596〜1615)に建てたと推定される。江戸前期の家の造りを今に伝えるこの建築物は、全国的にみても歴史的価値の高いもので、国の重要文化財にも指定されている。内部非公開。

構造及び形式等:桁行22.1m、梁間11.2m、切妻造段違、北面庇付、本瓦葺

近所の男の子(2歳1ヶ月)

南に続く葛城古道

参考資料
御所市HP
国指定文化財等データベース


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中