JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

奈良県斑鳩町 法起寺
Houkiji,Ikaruga town,Nara

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water  
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

生駒郡斑鳩町岡本1873 法起寺三重塔 国宝 近世以前/寺院 飛鳥 "天武13-慶雲3(684-706)" 三間三重塔婆、本瓦葺 18971228 19510609
December 7, 2013 野崎順次 video

奈良県生駒郡斑鳩町岡本1873
聖徳宗
岡本山 法起寺
(Hokiji Temple, Ikaruga-cho, Ikoma-gun, Nara Pref.)

撮影日: 

法起寺の由来
法起寺は、聖徳太子に建立にかかる七寺の一にして、「岡本尼寺」「池後尼寺」とも呼ばれ、もとは太子の岡本の宮があったところと伝える。創建当時は七堂伽藍も整った大寺院であったが、中古のころより衰微の一路をたどったという。しかし幸いにも、三重塔だけが当時の姿そのままに、いまもいかるがの空に高く聳え立っている。とくに1993年12月にはユネスコの世界文化遺産のリストに日本で初めて登録された。

国宝三重塔(飛鳥時代)
塔の規模は方6.42米、高さ約24.5米で三重塔としては最大最古である。一重基壇の上に立ち、屋根の勾配緩く、軒深く、雲形肘木、井籠組の構架法など何れも飛鳥時代の様式を伝えている。遠くよりみる安定感、なだらかな、いかるがの里に調和した美しさをただよわせている。

(法起寺参拝券より)

法起寺は「ほうきじ」または「ほっきじ」と読む。お寺のパンフレットでは「ほうきじ」。
その他国指定重要文化財として、

木造十一面観音菩薩立像(10世紀後半)収蔵庫に安置
銅造菩薩立像(7世紀後半)奈良国立博物館に出陳中

パンフレット、参拝券、現地説明板

西門から入り直進する。

国宝三重塔

三重塔細部

その他境内

西門から出て、南から東に農道を進み、三重塔を遠望する。





Feb.2012 田中康平


Dec.24,2011 撮影



Nov.2011 大野木康夫 HD video

所在地 奈良県生駒郡斑鳩町大字岡本1873

2011.11.3撮影 

秋の法起寺の周囲は、景観保全のため岡本地区の方が植えられたコスモスが咲き誇っています。
駐車場がないので、法隆寺からレンタサイクルで行きます。

境内風景

三重塔(国宝)

天武13(684)年から慶雲3(706)年の建築
三間三重塔婆、本瓦葺

日本最古の三重塔です






Sep.2011 瀧山幸伸 HD video



A camera


B camera



June 2011 酒井英樹

撮影:2007年9月

<三重塔>
 3間三重塔婆、三重2間、基壇、組物雲斗供、本葺、総高23.9m
 柱間は法隆寺五重塔の初重、三重、五重と同じ
 飛鳥時代[慶雲3年(706)]

相輪

水煙

組物

高欄




Mar.2010 撮影:高橋久美子




Dec.2008 川村由幸




Mar.2006 撮影:瀧山幸伸 Preview video 500Kbps HD video Video FAQ




事務局用

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中