JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

奈良県葛城市 首子古墳群
(Kubiko Group of Burial Mounds, Katsuragi City, Nara Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
残存状態悪く、当麻寺に近いだけ
 Nature
 
二上山のふもと
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 
 Food
 
 

January 9 and 14, 2017 野崎順次

奈良県葛城市當麻町大字當麻・大字染野

首子古墳群は,當麻町大字當麻から大字染野にかけて分布する古墳群で、「首子七塚」と称されてきましたが、昭和51年、52年の調査では10基の古墳が存在していたことが判明しています。1号墳は櫟山古墳、2号墳の墳丘は削平されていましたが、丘尾を切断する形で溝が半円形に巡り、溝内から多数の円筒埴輪・家形埴輪・須恵器が出土しました。3号・4号墳は方墳で、3号墳では木棺直葬、4号墳では横穴式石室を主体としていました。郡中最大の5号墳は帆立貝式前方後円墳で「首子塚」と呼ばれている。三号、四号墳は方墳で、三号墳では木棺を直葬し、四号墳では横穴式石室を主体としていました。郡中最大の五号墳は帆立貝式前方後円で円筒埴輪を持ち、未調査の7号墳は一辺18mの方墳、8号墳は径約25mの円墳で横穴式石室を主体としますが、石室内には凝灰岩製の石棺底石が残っていました。この石室は中世に再利用されていることが判明しています。
(現地説明板)

 

第8号墳

    

第5号墳首子塚

           
第4号墳

    

第1号墳櫟山古墳

    

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中