JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

奈良県奈良市 ナラノヤエザクラ
Naranoyaezakura,Nara City,Nara

Category
Rating
Comment
  General
 
 
  Nature
 
 
  Water
 
 
  Flower
 
 
  Culture
 
 
  Facility
 
  Food
 

May 4, 2017 野崎順次 movie

東大寺境内のナラノヤエザクラ
(Nara's Double Cherry Blossoms in Todaiji Temple, Nara City, Nara Pref.)

ナラノヤエザクラ(奈良の八重桜)という八重桜のあることを知った。ほとんどの桜の花が散ってから、最後に小ぶりの可愛い花をつける。その繁殖力は脆弱で、樹勢は弱く、短命である。奈良以外の場所に移植するとほとんど育たない。ところが、なんと、奈良を代表する花として、奈良県花、奈良市章・市花になっている。歴史は古く、天平時代に遡るようだし、平安中期には、伊勢大輔(いせのたいふ、女流歌人)が「いにしへの奈良のみやこの八重ざくらけふ九重ににほひぬるかな」と詠んでいる。そう、小倉百人一首に選ばれている。

大正10年頃に東大寺知足院裏山で再発見された樹が天然記念物に指定されたが、既に枯れてしまった。実に頼りない八重桜であるが、今年も奈良公園のあちらこちらで咲いているという。少し下調べをしてから、連休の5月4日に奈良を訪れた。すごい人と車である。

     


まず、転害門と正倉院の間である。最初に見えたのは、普賢象桜のようだ。

    

全部が全部ではないが、ナラノヤエザクラの幹には、「八」という札がつけられているという。あった!ソメイヨシノを見慣れた眼には貧相な樹である。が、花は可憐で清楚で品がある。小ぶりで真っ白から淡いピンクに移ろう様子が実にいい。

       

正倉院の裏の塀沿いに2本ある。

                            

新緑とスミレなど野花

0045 - 0058              

転害門からのT字路の南西角に数本ある。

                

大仏池あたり

         

清涼院の山門脇の桜はナラノヤエザクラ?

               

戒壇院の東側に10本くらいまとまっている。

                       

バスガイドさん研修中、各自が写真撮影禁止の札を持っている。

       

東大寺参道の方へ

   

人、人、人、

                      

参考資料
ウィキペディア「ナラノヤエザクラ」
ウィキペディア「伊勢大輔」

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中