JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

奈良県桜井市 聖林寺
(Shorinji Temple, Sakurai, Nara)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water    
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Mar.2010 撮影/文 野崎順次

奈良県桜井市下692
真言宗 室生寺派
霊園山 聖林寺

奈良時代の名作、国宝・十一面観音像で有名な聖林寺は藤原家の氏寺、妙楽寺(現、談山神社)の別院として創建された古刹である。
古い伽藍を尽く失っているが、それでも天平以降各時代の仏像、仏画を今に伝え、本尊には子授けの祈願仏、霊験あらたかな大きな石地蔵をお祀りしている。
門前からは卑弥呼のお墓とも言われる箸墓などの古墳を含む大和盆地の東半分と山辺の道、三輪山を一望のもとにできる。
古き御仏を拝観し古代の歴史・文化に想いをはせる格好の地だろう。

国宝・十一面観音像は、大神神社の神宮寺、三輪山・大御輪寺の本尊であった。
長く三輪の本地仏で秘仏としてまつられてきたが、明治初期の廃仏毀釈の難を逃れて、聖林寺に運ばれた。
ちなみに、現在、法隆寺にある国宝・地蔵菩薩立像はその左脇侍だった。
また、山辺の道の玄賓庵の重文・不動明王座像も大御輪寺から運ばれた仏像である。

お寺のパンフレット

談山神社に向かう谷道の右手高台に聖林寺がある。雨が降って底冷えする。

お寺の外観。

階段を上り山門を入ると庭で、本堂と庫裡が見える。

本堂の一部、見晴らし、十一面観音堂への階段。

帰りの道ばたで。雨の中の花々。


参考資料
1.聖林寺HP
2.玄賓庵HP
3.「がらくた置場」HP by s_minaga 日本の塔婆
4.国宝を訪ねてHP


事務局用


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中