JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

奈良県大和郡山市 矢田寺(矢田山金剛山寺)
(Yatadera Temple, Yamatokoriyama, Nara)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

大和郡山市矢田町3506 春日神社本殿 重文 近世以前/神社 室町後期 室町後期 一間社春日造、檜皮葺 19200415


Sep.17 .2016 中山辰夫

奈良県大和郡山市矢田町3549


宗派;高野山真言宗 本尊:延命地蔵菩薩(平安時代 国重文) 創建:679(天武天8)年 開基:智通、天武天皇(勅願) 正式名 金剛山寺

矢田寺は「あじさい寺≫としてあまりにも有名、6月がシーズンで約8000株のアジサイが山をかざり境内は大層な人出であるが、それ以外の平日は静かである。
別称、矢田の地蔵さん、アジサイ寺と称される。
国重要文化財の仏像を多数有しており、679年の創建時には、七堂伽藍、48坊を構えていたとされる。

近鉄郡山駅から奈良交通バスに乗り矢田寺で下車。前方に矢田丘陵眺めながら坂道を歩く。矢田寺前までバスできたらよかったと後悔。
          

いよいよ寺内に入る
          
標高約170mと言われる本堂までは、石段が続く。のぼりつめた所に「三尺組」の石碑が集中して並ぶ。何代も続いた露天商のものとか。異様な感がする。

境内図
  
参道を進む大門坊・念仏院・アジサイ園入口など 大門坊は国民宿舎
          
大門坊・念仏院は南僧坊、北僧坊と合わせ塔頭寺院で、現在は僧坊として秋のシーズンに宿泊、精進料理を提供している。

講堂
    

春日社 国重要文化財
          

鐘楼・茶所 梵鐘は国重要文化財 鎌倉時代 1246(寛元4)年の在銘がある。
  

本堂 奈良県指定文化財
          

南僧坊
        

みなそめ地蔵
大門坊より本堂へ向かう参道の中ほど右側に立つ。
その昔、近在の農婦が自家製の味噌の味が悪くなり困っていたある夜、夢の中に石のお地蔵様があらわれて、「我にその味噌を食べさせてくれたら、良い味にしてやろう」とお告げになった。翌朝、矢田寺へ参って参道を見ると、夢に立たれたお地蔵様がおられたので、 早速くだんの味噌をその口許にぬったところ、家の味噌は味が直っていたという。
これを伝え聞いた里人たちは、新しい味噌を作ると味が良くなるようにと、 こぞってお地蔵様の口許へぬるので、誰言うとなく「みそなめ地蔵」と呼ばれるようになったというお話があるとか。
 
北僧坊
    

境内の散策を終え、松尾寺に向かう道を探すうちに、矢田寺八十八カ寺零場巡りの一部を訪れることになった。
各地の社寺にあるにある八十八カ寺巡りとは異なり、松尾山(標高 m)の中腹を越える高さまで続く、全長4.5qの「おへんろ道」は結構起伏に富み、本格的?な祈りの道との印象を持った。
立寄った数か所である。御影堂も見られた。
              


June 2010 撮影/文:野崎順次

撮影日: 2010年6月26日
奈良県大和郡山市 矢田町3549 

矢田のお地蔵さんで親しまれている矢田寺(矢田山・金剛山寺)は、城下町・郡山より西へ3.5キロ、矢田丘陵の中心矢田山の中腹にあり、日本最古の延命地蔵菩薩を安置しています。
今から約1300年前、大海人皇子(おおあまのみこ…後の天武天皇)が、壬申の乱の戦勝祈願のため矢田山に登られ、即位後の白鳳4年、智通僧上に勅せられ、七堂伽欄48カ所坊を造営されたのが当山の開基です。

初夏の矢田寺はあじさいの寺
あじさいは、ユキノシタ科アジサイ属の植物で、日本の暖地に自生するガクアジサイを母親として、日本で生まれた園芸品種です。
 学名の変種名「オタクサ」は、江戸後期に日本の動植物をヨーロッパに紹介した、長崎出島のオランダ商館の医官シーボルトが、帰国後、日本滞在中の妻「おたきさん」を偲んでつけた名前と言われています。
あじさいは、日本特有の花木です。諸外国にその野生種はなく、西洋あじさいといわれるものは、江戸後期に、上記のシーボルトなどによって欧州へ送られたものが、改良されたものです。

建造物
本堂(奈良県指定文化財)
境内には春日神社本殿(重要文化財)もある。

文化財
重要文化財
木造地蔵菩薩立像−矢田寺本尊。
木造十一面観音立像
木造阿弥陀如来坐像
木造試地蔵菩薩立像
木造閻魔王倚像(奈良国立博物館寄託)
木造司録坐像(奈良国立博物館寄託)
木造虚空蔵菩薩坐像(矢田寺北僧坊所蔵、奈良国立博物館寄託)
木造毘沙門天立像(矢田寺南僧坊所蔵)
絹本著色矢田地蔵縁起

奈良県指定文化財
木造二天王立像(頭部新造)2体
梵鐘

パンフレット
    

近鉄郡山駅からバスで矢田に来て、坂を上る。

     

寺内に入ると石段を上る。

             

大門坊

          

参道を進む。

                

春日神社(重要文化財)

    

本堂に向かう。

       

本堂(県指定文化財)

        

本堂周囲のあじさい

                       

あじさい庭園

                                     

あじさい見本園

                                          

帰途

              

参考資料
矢田寺大門坊HP
ウィキペディア 矢田寺


事務局用

 

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中