JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

大阪府羽曳野市 応神天皇陵古墳
(Ojin-Tenno-Ryo Tumulus, Habikino City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
  
 
  Nature
 
 
  Water
 
 
  Flower
 
 
  Culture
  
 
  Facility
 
 
  Food
 


December 29, 2017 野崎順次 movie

応神天皇陵古墳
(Ojintennoryo Tumulus, Habikino City, Osaka Pref.)


大阪府羽曳野市誉田

古市エリアの中央部に位置する、日本第2位の大きさの前方後円墳。墳丘長は425m、後円部の高さは36mである。墳丘の体積(143万m3)は国内第1位である。墳丘の周囲に二重の濠と堤をもつ。墳丘や濠からは円筒埴輪や形象埴輪がみつかっている。応神天皇陵古墳には1万8千本以上の円筒埴輪が並べられていたと推定されている。築造時期は5世紀前半である。
(百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議ウェブサイトより)

古市古墳群パンフレットと現地説明板

        

北側拝所より

   

西から

        

南の誉田八幡宮から

 

東の近鉄電車車内から

  


December 29, 2017 野崎順次 movie

大阪府羽曳野市
応神天皇陵古墳外濠外提
(Outer Moat and Outer Bank of Ojin-Tenno-Ryo Tumulus, Habikino City, Osaka Pref.)

国史跡

(応神天皇陵古墳の)墳丘のまわりには濠と堤が巡りますが、東側では先に造られた二ツ塚古墳があって形がひずんでいます。しかし西側では二重目の濠と堤の跡が良く残っており、応神陵古墳の長大な範囲を見ることができます。
(羽曳野市ウェブサイトより)

                

 

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中