JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

大阪府茨木市 太田茶臼山古墳
(Ohda-Chausuyama Burial Mound, Ibaraki City, Osaka Pref.)

Category
Rating
Comment
   General
   
 
   Nature
   
 
   Water
   
 
   Flower
   
 
   Culture
   
 
   Facility
 
   Food
 

July 9, 2017 野崎順次 movie

大阪府茨木市太田3丁目

南北に延びる低い台地上にあり、宮内庁によって継体(けいたい)天皇陵である三島藍野陵(みしまのあいののみささぎ)に治定(じじょう)されている。藍はこの地の広範囲な地名であり、付近には現在も安威(あい)川が流れている。墳丘の長さが約226mの前方後円墳で、後円部の直径は約140m、前方部の幅は約150mで、幅28〜33mの馬蹄形の周濠がめぐる。宮内庁の調査によって、大量の円筒埴輪(はにわ)や馬形・甲冑形・水鳥形埴輪、須恵器(すえき)片などが出土しており、考古学的には5世紀中ごろの築造とされており、継体天皇の没年は531年であることから、東に1.5kmほど離れたところにある今城塚古墳を天皇陵とする説が有力である。阪急電鉄京都線茨木市駅から近鉄バス「太田」下車、徒歩すぐ。
(コトバンクより)

前方部正面の拝所

       

拝所の少し西に太田公民館があり、その外階段からほぼ全景が見える。

             

東側、藍野病院前の車道から

      

北の東太田高田共同墓地から後円部を見る。

          

と号陪塚

    

へ号陪塚

    

ほ号陪塚

     

に号陪塚

      

太田茶臼山古墳の南側の西国街道を西へ、太田神社あたり。宮裏古墳(は号陪塚)を見に行ったが、「マムシに注意」の看板があったので断念。

         

東太田高田共同墓地の石仏。素朴な表情がよさそう。

             

古墳周辺の花々など

                



All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中