JAPAN-GEOGRAPHIC.TV


大阪府大阪市中央区 大阪市立愛珠幼稚園
(Osaka Municipal Aishu Kindergarten, Chuo-ku, Osaka)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

大阪市中央区今橋3-1-11 愛珠幼稚園園舎 重文 近代/学校 明治 明治34(1901) "遊戯室棟、玄関棟、西保育室棟、北保育室棟、便所棟、東棟からなる 遊戯室棟 木造、建築面積265.42u、西面下屋・北面下屋及び庇付、桟瓦葺、北面突出部附属
玄関棟 木造、建築面積127.86u、桟瓦葺、南面西突出部・南面中央玄関車寄・南面東突出部附属、北面遊戯室棟に接続西保育室棟 木造、建築面積186.59u、東面庇付、桟瓦葺、北面下屋・南面廊下附属北保育室棟 木造、建築面積99.26u、南面庇付、桟瓦葺
便所棟 木造、建築面積17.55u、桟瓦葺、東面西保育室棟附属廊下に接続東棟 木造、建築面積79.99u、西面及び北面庇付、桟瓦葺、西面南端渡廊下附属" 倉庫1棟、高塀2棟、螺旋滑り台1基 20070618
May 2011 撮影/文:野崎順次

大阪府大阪市中央区今橋3丁目1番11号
国指定重要文化財

撮影日: 2011年5月2日

明治12年(1879)に道修小学校連合町会が、当時日本ではほとんど設置されていなかった幼稚園を設立して幼児保育の効果を社会一般に知らせようと建議をおこなったことが、幼稚園設立のきっかけとなっている。
準備期間を経て明治13年(1880)に東区今橋5丁目(現在の中央区北浜4丁目)に開園した。
1889年には大阪市の市制施行に伴い、連合町会から大阪市に移管した。

園舎が手狭になったために明治16年(1883)には今橋3丁目(現在の中央区今橋2丁目)に移転したのち、明治34年(1901)に現在地に移転した。
1901年3月に竣工した木造平屋建建築の園舎は、100年以上使用されている現役の園舎で、現存する幼稚園園舎としては日本最古である。

園舎は当時の主任保母らの意見を参考にしながら、文部省の技師の指導の元で大阪府の技師が設計した。
園舎は御殿風の和風建築物で、敷地の周囲に高塀をめぐらせていること、天井を高くとっていること、園庭と遊戯室との間に段差を設けていないことなどの工夫がされている。

平成19年(2007)には、岡山県岡山市の岡山市立旭東幼稚園旧園舎(1908年建築・1979年解体・1999年復元保存)とともに、幼稚園の園舎として日本で初めて国の重要文化財に指定された。

南が正面

西側を北に進む。

北側

参考資料
ウィキペディア「愛珠幼稚園」

 

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中