JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

大阪府堺市堺区 大仙陵古墳(伝仁徳天皇陵)
Daisenryo old burial mound,Sakai city , Osaka pref.


Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

Dec.2 2012 田中康平 HD video

大阪府堺市堺区大仙町

全長約486m/後円部径約249m/高さ約35m/前方部幅約305m/高さ約33mの日本最大規模の前方後円墳。
『延喜式』は、この古墳を「百舌鳥耳原中陵」(もずのみみはらのなかのみささぎ)と命名し、現在は宮内庁が第16代仁徳天皇の陵墓に治定・管理している。
墳丘は3段に築成され、左右のくびれ部に造出し(つくりだし)があり、三重の濠がめぐっているが、現在の外濠は明治時代に掘り直されたもの。
明治5年(1872)、前方部で竪穴式石室に収めた長持形石棺が露出し、刀剣・甲冑・ガラス製の壺と皿などが出土した。
また、アメリカのボストン美術館には、本古墳出土と伝えられる細線文獣帯鏡や単鳳環頭太刀などが所蔵されているほか、円墳周囲には、「陪塚」(ばいちょう)と呼ばれる、小型古墳10基以上も確認されている。
本古墳は、日本最大の前方後円墳であることが間違いないそうだが、一方では、最近の発掘調査で、造出してから須恵器の甕(かめ)の破片が出土したりしていることから、考古学的には、本古墳が5世紀半ば〜後半につくられた可能性が高く、仁徳天皇の陵であるとすることに否定的な見解が唱えられているようだ。
約2.8kmの周遊路が整備されており、一周するには1時間かかる。
(公財)大阪観光コンベンション協会の説明文による

全体を見渡すことが難しく展望が利くといわれるJR百舌鳥駅南側の陸橋の上からの遠望では十分な姿は得られない。堺市役所高層館21階展望ロビーからの遠望が良いと思われる。






All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中