JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

大阪府堺市堺区 堺港
Sakai port,Sakai city,Osaka

Category
Rating
Comment
 General
 
国史跡
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
築明治十年の木造洋式燈台
 Facility
 
 Food
 

August 15, 2015 野崎順次 movie

大阪府堺市堺区大浜北町5丁7、5丁49
国史跡 旧堺燈台
(National Historic Site FORMER SAKAI LIGHTHOUSE, Sakai-ku, Sakai City, Osaka Pref.)


南海本線堺駅の西約1キロメートル、堺旧港の突端に位置する旧堺燈台は、明治10(1877)年に建築された建物である。現地に現存する木造洋式燈台としては、わが国で最も古いものの一つとして、昭和47年に国の史跡に指定されています。

建築にあたっては、堺市民(当時は堺県)の寄付と堺県からの補助金により経費がまかなわれました。土台の石積みは堺旧港の港湾整備と併せて備前国(現在の岡山県)出身の石工・継国真吉が携わり、建築工事については、堺在住の大工・大眉佐太郎が行いました。また、灯部の点灯機械の取り付けは、横浜の燈台寮よりバービエール社(フランス)の機器の購入を行い、英国人技師ビグルストーンが携わりました。

その後、約1世紀の間、大阪湾を照らしつづけましたが、周辺の埋め立て等により、昭和43年にはその灯りを消すことになりました。

近年老朽化が著しかったため、平成13年度から18年度まで保存修理工事が行われ、往時の姿が甦りました。

(堺市ウェブサイトより)

旧堺港に着くと燈台が小さく見え始める。

     

旧堺港あたり

          

旧堺燈台

                                    

帰途、高架下は日陰で海風が涼しく昼寝に絶好、ボラ?の群、呂宋助左衛門之像

         




旧堺灯台(明治10年建造)
Sakai lighthouse

Nov.1999 撮影:高橋久美子

現存する木造洋式灯台としては最も古い物のひとつ、一般には外国人設計と称していますが、実際には灯台本体は日本人大工が設計したという見解もあります。
   





All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中