JAPAN GEOGRAPHIC

佐賀県唐津市 鵜殿石仏群
Udono Rock Carved Buddhas,Karatsu city,Saga

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

May 18,2018 瀧山幸伸

Edited Movie Download YouTube
source movie

県史跡

昭和31年3月1日指定
唐津市相知町相知字和田
石仏群

 松浦川中流右岸の丘陵北面に刻まれた磨崖仏群である。50m余りの小仏龕(ぶつがん)から5mを超える不動明王まで六十余体の磨崖仏からなる。この石仏群は、伝承によれば唐より帰朝し、松浦に着岸した空海が阿弥陀・釈迦・観音を刻んだことに始まるとされる。その後、この岩窟に鵜殿山平寺が創建され、波多氏の信仰や援助もあって中世には隆盛したが、戦国の兵火で焼失、波多氏の遺臣久家次郎左右衛門尉が堂宇を再興し、やがて修験道場となり明王院と号した。(佐賀県)

文化財としては県レベルだが、現地には多くの窟があり、非日常的で鬼気迫る雰囲気。かなりの恐怖心を抱く。
                                                                                                                                                                                                                    

   

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中