JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

守山 下新川神社
Moriyama shimoniikawa jinja

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

May 2009 撮影/文:中山辰夫

すし切りまつり

下新川神社(しもにいかわ)の[すし切りまつり]は毎年5月4日から5日にかけて行われます。
正式名を[近江のケンケト祭]といい、豊城入彦命(とよいりびこのみこ)に村人がふなずしを献じてなぐさめたことから始まりとされ、千年以上の歴史を有する国選択無形民俗文化財とされています。見所は、5月5日の正午ごろ、若者二人が古式にのっとって[ふなすし]を切り、
献上する儀式です。[ふなすし]は琵琶湖特産のニゴロブナを使いますが、最近は外来魚によって激減し、高級品扱いです。また、[ふなすし]は独特の臭気を放ち、人によって好き嫌いが激しく評価が分かれます。
前日の昼間に青年が麻縄とむしろで大太鼓を飾りつけし、夜、地域内を練り回ります。
当日は、儀式を行った経験のある昔の若者?が大声で囃し立て盛り上げます。
主役を司る若者がいなくなって、今年は中学生と高校生が頑張りました。
儀式は淡々と進みますが、毎年大変な準備期間が要るようで、特に主役の若者の負担は大きい。

 場所:下新川神社 滋賀県守山市幸津川町1365
 交通:JRびわこ線守山駅下車 バス 下新川神社前下車
 問合せ:下新川神社 077−585−3380
 資料:下新川神社神祭式法記・・・滋賀県教育委員会 参照








All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中