JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

滋賀県大津市 小野篁神社
Ononotakamurajinja,Otsu city,Shiga

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Feb 16,2013 大野木康夫 HD video

小野神社は大津市の旧志賀町小野地区の鎮守社で、小野篁神社はその境内社です。

小野神社

小野篁神社本殿(重要文化財)

室町前期の建築
桁行三間、梁間二間、一重、切妻造、向拝一間、檜皮葺

二の鳥居の正面石段の上に建っています。
境内の中で一番立派な建物で、まるで本殿のようです。
天皇神社本殿、飛地境内社道風神社と同じ構造の切妻造です。
扁額が「篁大明神」から「篁神社」に無理やり書き換えられているのは、明治の神仏分離の名残です。





Sep.2011 中山辰夫


大津市小野1961

祭神:小野篁命

和邇駅から南西に向かい、和邇小学校近くから和邇川をわたると上品寺があり、その南が小野神社の参道となる。
小野神社参道口左手には、銘文「小野神社」とある燈籠と石柱が、右手には、銘文「篁大明神」とある燈籠が建つ。

参道脇には、県下で最大のムクロジの大木が立ち、清らかで、冷たい境内を巡った山の水が音を立てて流れている。
鳥居を過ぎると手水舎がある。

岩の塊で出来た蛇口が珍しい。

さらに進むと社務所や、小野神社へ向う参道があらわれる。其の参道口には篁の歌碑がたっている。
神社は高台にあり、20段の階段をのぼる。

石段の真正面に篁神社本殿が建つ。小野神社本殿の右前方にあって、あたかも本社のような位置を占める境内摂社である

本殿
国重要文化財 暦応4年(1341)建立 社伝では、佐々木氏頼が、篁・道風の両社殿を創建したとされる。
江戸時代に入って、摂社である篁神社の本殿が本社より大きかったため、小野篁神社を一ノ宮、本社を二ノ宮とよぶようになったという。

詳細説明と図面

小野篁神社・小野道風神社・天皇神社の本殿は切妻造で全国的にも珍しく、三社とも同じ建築様式・手法で、規準も同じである。
三社がこの地域に集中していることが注目される。

向拝全景

向拝は柱上連三斗(つれみつど)、手挟、中備蟇股である。大斗花肘木の彫刻が当時の様式を残している。

平面は母屋正面三間、側面二間で、前面に一間の庇をつけ、内部の前方一間は外陣、後方一間は内陣で三室に区切り
さらに中央間は前後に区切って、方一間の内々陣とする。

柱は母屋円柱、庇角柱である。母屋の軒は地垂木と飛檐(ひえん)垂木の二軒、庇は打越垂木のみの一軒である。

母屋の正面は中段に敷居を入れ、上方は粗い間隔の格子戸、下方菱欄間嵌殺の他は板壁である。

組物は、母屋隅柱上は舟肘木、側面の中央柱上大斗花肘木

妻飾は大紅梁上豕扠首組、舟肘木を載せ、切妻破風に蕪懸魚をつける

母屋の正側面三方に切目縁と跳高欄をまわし、浜縁との中間に階段を設け、登高欄をつける。

檜皮葺屋根の流線

暦応年間(1338〜42)に建築され、その後、江戸時代は正保3年(1646)から安政6年(1859)の間に、記録に残るもので10回前後
屋根が葺き替えられている。大正9年(1920)解体修理、昭和26年(1951)と昭和47年(1972)に屋根が葺き替えられた。

宝塔

参道に立つ。相輪上部を失っているが保存状態は比較的良好。総高:156cm 康永4年(1345)の銘がある。

小野篁
篁(802〜852)は、参議に昇進したので「野相公」「野宰相」とも呼ばれ、奔放不覊(ほんぽうふき)、反骨硬骨の人だったので、「野狂」
とも呼ばれた。人物・学識・文才ともに傑出した存在で、多士済々の小野氏のなかでも一頭他を抜いていた。
「令義解」を天長10年(833)に完成、翌年に施行された。その後、東宮学士・弾正少弼に任命された。
篁生涯の大事件は、最後の遣唐使・承和5年(838)の副使に任命されたが、拒否した。さらに遣唐使の愚劣さを風刺する漢詩をつくり
発表した。父の岑守以来の庇護者であった嵯峨上皇もさすがに激怒し、篁を隠岐島に流した。このときの流謫(るたく)の幽憤を託した
漢詩「謫行吟」は、都の文人貴族が広く吟誦した。『古今和歌集』の中の「わたの原 八十(やそ)島かけて こぎいでぬと 人にはつげよ
海人(あま)のつりふね」は百人一首に選ばれている。
承和6年(839)遣唐使が帰還したので、翌年召還となり元の位に戻った。その後も昇進を続け、参議・従三位・左大弁で亡くなった。
一切の私曲を拒み生涯清貧で、母に仕えてよく孝養をつくし、高官としての給与はほとんど親族や朋友に与えていたとされる。
小野神社との関連では、『続日本書紀』に記載されている、小野氏やその同族に対する適用除外の特別措置の勅が重要である。
嵯峨上皇が篁の願いをかなえたもので、篁の力量が計れる。(具体的な内容は小野神社−小野一族の項を参照)



All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中