JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

栗東 大角家住宅(旧和中散本舗)
Ritto Osumike, Shiga

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 

栗東市六地蔵402 大角家住宅 主屋 重文 近世以前/民家 江戸中期 元禄(1688-1703)頃 "店舗、製薬所、台所及び居間 桁行19,4m、梁間19.1m、切妻造、北面、東面及び南面庇付、西面下屋、南面突出部附属、本瓦、桟瓦及び銅板葺 玄関及び座敷 桁行6.8m、梁間8.5m、切妻造、北面及び東面庇付、玄関千鳥破風付、南面下屋附属、南面突出部 桁行5.1m、梁間7.0m、入母屋造、南面及び西面庇付、桟瓦葺及び銅板葺" 古来作事?諸覚帳1冊、製薬機一式 19540320
栗東市六地蔵402 大角家住宅 正門 重文 近世以前/民家 江戸中期 江戸中期 一間薬医門、桟瓦葺、両袖塀附属 19540320
栗東市六地蔵402 大角家住宅 隠居所 重文 近世以前/民家 江戸中期 江戸中期 桁行12.9m、梁間7.0m、入母屋造、四面庇付、南面突出部 桁行5.9m、梁間6.9m、入母屋造、南面、東面及び西面庇付東面玄関、南面押入附属、玄関千鳥破風付、本瓦葺 古図1枚 19540320

 
Nov. 2009 撮影/文: 中山辰夫

大角家住宅( おおすみけじゅうたく):(旧和中散本舗)
栗東市六地蔵402

国重要文化財:建造物:指定 1954年3月20日

手原駅の東約2km、旧東海道沿いの六地蔵にある。大角弥右衛門家の邸宅のことで、豪商の昔の姿をそのまま今に留めている。
六地蔵には江戸時代、旅人のために道中薬を売る店が数件あり大角家はその中で、和中散という薬を売る「ぜさいや」の本舗として栄えた。
薬を売るだけでなく、草津宿と石部宿の「間の宿」として、公家・大名などの休憩所もつとめた。
和中散という名は、徳川家康が腹痛を起こした時、この薬を献じたところ、たちまち治ったので、家康から直々つけられた名前と伝わる。
有名なシ−ボルト紀行文に
「日本文政九年(1826)二月二十七日草津を発ち、梅木村に至り、その売薬屋のいと心よき亭に憩ひ、 神教丸、艾草(モグサ)万金丹、天真膏、万天膏等の名薬を購求す。和中散といえる万能の薬殊に胃疝、頭痛に効ありと称す云々・・・
・・・なお園内の手入れの行き届きたるより、主人は植木好きの人と推しければ、云々」
とあるように「ぜざいや」が全国でも珍しい
江戸時代における東海道筋の豪商のあるがままを見ることができる。
邸内西の間には、今にも動き出しそうなよく手入れされた大きな製薬機械が据えられ、一層、興趣がわく。まだピカピカだ。
建造物は元禄以前のものを焼失、元禄期再建のものが現存し、重要文化財に指定されている。
住宅全体が国の史跡に指定された。現在も生活住宅であり、見学については確認作業が必要。


正門
国重要文化財
一間一戸の四脚門で、切妻造り、桟瓦ぶきで、約4.1mの桟瓦葺、袖塀がついている。


玄関及び座敷 附 製薬機 一式
上段の間が10畳、次の間が6畳・8畳、玄関広間が7.5畳半、それに式台、縁等からなっている。
単層、切妻造り庇付、玄関千鳥破風付き、桟瓦葺きである。車輪・歯車・石臼を備えた製薬の機械も残っている。
玄関及び座敷

製薬機
大きな動輪(直径4m)と歯車がきっちり整備されており、いまにも動きそう。
街道からも見える場所に置かれ、回転している姿は絶大な宣伝効果を挙げていたと思われ、和中散のもう一つの動く看板であった。



主屋:国重要文化財:指定1954・03・20
店舗、製薬所、台所及び居間 
この棟は間口約20.3m、奥行約18.8m、一重、高塀造り、上方本瓦葺、下方浅瓦葺、正面小庇桟瓦葺(以前こけらぶき)という大変立派な造りである。
主屋の平面は基本的に町屋形式の大規模なもので、向かって左手の床上部分と右手の上間部分に二分される。
土間部分の前半部には通り土間と通常の下店にあたる西みせ(製薬場)と附属の七畳半の部屋と押入れを設け、通り土間の前面には吊り上げ式の大戸を備え、他は引込戸としている。
主屋の後半部は家族の生活の場である。今も日常的に生活されている。
欄間の彫刻が素晴らしい。これだけの彫刻はこの時代のものとしては二条城の欄間にしか見られないと案内人の説明にあった・・・。 



隠居所
国重要文化財
隠居所は6畳、次の間が4畳で、その他7畳半、4畳半、8畳半、4畳、土間・縁側・押入れなどからなり、単層、入母屋造、屋根本瓦葺きとなっている。
隠居所の平面は東を正面とし、千鳥破風の付く式台から続く玄関の間、仏間、座敷および曲縁の付く次の間(四畳)からなる表向きの部分と、式台脇の勝手口から続く土間、だいどこ、奥の間からなる内向きの部分がL字型に構成されている。
生活の場であるため外からの見学に留まる。

梅ノ木
大角家のある梅ノ木は道中薬を販売する多数の薬屋や、もぐさ屋があることで東海道でも特に有名な間の宿(あいのしゅく)となっていた。
文政9年(1826)シーボルトもここに立ち寄り、和中散を始め様々な薬を買い求めている。
江戸時代、東海道のこのあたりはお店も多く、大変な繁華街と言っても間違いでなかった。
六地蔵一里塚、梅之木立場もあった。東海道を挟んで大きなムクノキが植わっていたと伝える。
5月と11月にこの周辺を「梅の木立場 あかりの演出」として、催しが開催される。
大角家の公開、重要文化財の地蔵菩薩立像(福正寺)も特別公開される。日没後はライトアップもされる。

江戸の看板
看板は最も古く基本的な広告媒体です。
わが国においても養老令に「凡そ市は、肆(いちくら)ごとに標(ひよう)をしるせ」と規定しており、奈良時代以降、歴史に登場します。
看板はその後、「簡板」「招牌(しょうはい)」などとも表記されつつ一般に普及しました。
日本的な表現「看板」は江戸中期に始まるとされますが、江戸時代後期には商業発達と識字率の向上を背景に、都市や街道を中心に多くの店舗に看板が掲げられたのです。
東海道・中山道の二大街道が通った近江では、街道の名物も多く生まれました。
大津算盤(そろばんー大津市)、姥が餅(草津市)、目川伝楽(栗東市)といった名物は、看板を中心とする盛んな広告で、旅人の目をひきつけたのです。
《江戸の看板 文字のメーッセージより抜粋》
ここでは草津・栗東を中心に、草津宿〜石部宿間の看板を取り上げました。


和中散本舗の関係

伊吹艾(もぐさ)の関係

姥が餅屋の看板

神教丸置看板・偽薬注意看板

目川田楽・ほか

銘酒鈴鹿川,銘菓、ほか
 

御針の関係

塗師

講招牌の関係

中山道守山宿の看板



《参考資料:栗東の歴史、パンフレット、東海道、近江文化財散歩、企画展 江戸の看板 文字のメーセージ 栗東歴史博物館発行》


大角氏庭園(旧和中散本舗(わちゅうさんほんぽ)
栗東市六地蔵

国指定名勝:名勝:指定 2001・01・29
大角氏は、旧東海道の草津宿と石部宿の間にある「和中散」の製薬販売を行う商家で、屋敷は小休本陣として、公家大名の休憩所にもなっていた。
六地蔵のこの辺りは梅ノ木(うめのき)と呼ばれ、草津宿と石部宿の中間に位置し、立場(たてば)が設けられていた。
街道に面した店先の東隣が小休本陣の門(切妻四脚門)で、庭はこの書院の南側に作られている。
庭園は、元禄年間(1688~1704 )に建てられた書院に面しており、この頃に築庭されたもの。
急勾配の築山を配した園池式で、要所にも枯滝や石組を配している。
小振りながらも整った構成を持ち、江戸時代の商家の趣味や嗜好を今に伝える庭園として、大変貴重とされる。
日向山(にっこうやま)を借景とした、小堀遠州作の池泉式鑑賞式庭園が名勝に指定された。落ち着いた庭園である。
書院より見る庭がいい。








All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中