JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

島根県出雲市 田儀櫻井家たたら製鉄遺跡
Tagi Sakuraike tatara iseki,Izumo city,Shimane

Category
Rating
Comment
 General
 
 
Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

May 26,2017 瀧山幸伸

movie preview(YouTube)
movie

史跡

田儀櫻井家は島根県中部にある、近世出雲を代表する鉄師である。近世初期から明治23年(1890)まで約250年の間、松江藩の庇護のもとに、海岸から7kmさかのぼった宮本地区の谷間に本拠をおいて隆盛した。近代に入ってまもなく廃絶したことから、それに関連した遺構群はいまも山林のなかに良好な状態で残されている。田儀櫻井家の本宅、その菩提寺である智光院とそれに隣接する歴代当主の墓地、大鍛冶場と製鉄に従事した山内集落、山内の人びとの信仰を集めていた金屋子神社、山内の人びとの墓地など、製鉄に関連した一連の施設が、関連する文書・建造物・石造物とともに一括して保存されている。この周辺には宮本地区の田儀櫻井家に鉄素材を供給した製錬遺跡が数多く分布する。この時期は砂鉄を原料にした、いわゆるたたら製鉄が行われており、宮本地区から8km離れた朝日たたら跡(島根県指定史跡)は製錬炉全体が極めてよく残っている。出土遺物から19世紀前半から中葉頃に操業していたことが確認され、田儀櫻井家がこの地で操業したとの伝承と合致する。これらの遺跡群は我が国の近世のたたら製鉄の一貫した工程を把握することができる重要な遺跡である。
(文化財データベース)


宮本鍛冶場跡
Miyamoto kajiba

     

智光院付近
          

桜井家鍛冶場跡付近
                                          

金屋子神社
               



越堂たたら跡
Koedo tatara

訪問日は発掘調査の現地説明会が開催される前日だった。居合わせた文化財担当の方が親切に解説してくださった。
翌週には埋め戻されるのがもったいない。産業技術史にも学校教育的にも非常に価値が高く、ぜひ公開展示と復元がなされるよう期待している。

    
                                                                                                              


朝日たたら跡
Asahi tatara
                                                             



All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中