JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

静岡県三島市 楽寿園と付近の湧水
Rakujuen,Mishima city, Shizuoka

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

May 24,2015 瀧山幸伸 movie

三島大社から楽寿園、源兵衛川を歩く

東海道 街道筋を問屋場(現郵便局)まで
       

問屋場から楽寿園方面へ
           

白滝神社付近
            

楽寿園
                                                               

宮さんの川
           



源兵衛川
Genbegawa

土木学会デザイン賞 2004

渡辺 豊博
静岡県東部農林事務所 主任 発注者(当時)として水辺再生の理念構築・土地改良区へ意義説得・地元愛護団体の立ち上げ
加藤 正之
[有]地域環境プランナーズ 代表取締役 役所、住民、専門家をむすぶ調整役・調査・設計の総合監修・生態系調査(事前・追跡)取りまとめ
岡村 晶義
[株]アトリエ鯨 代表取締役 基本構想の立案・基本計画、実施計画の遂行
松井 正澄
[株]アトリエトド 代表取締役 基本構想の立案・基本計画、実施計画の遂行
杉山 恵一
静岡大学教授 生態系調査(事前・追跡)へのアドバイス・調査結果の設計への反映を指示
進士 五十八
東京農業大学教授 水辺アメニティのコンセプトを提示・各部設計へのアドバイス
三島ゆうすい会
「水の勉強会」開催による地元住民の意識向上・川清掃、川辺の植栽による環境保全(工事完成区間)
NPO法人グラウンドワーク三島
住民意向のとりまとめ・工事完成区間を活用しての国際シンポジウム(英・独)の開催とその提言
NPO法人自然環境復元協会
(当時:自然環境復元研究会)
水の生態系復元技術に関する知見の提供・生態系調査への協力
社団法人全国土地改良事業団体連合会
農業地域水辺環境整備計画策定の手引き「ふるさと・みどり・みずべ」の刊行および委員会による現地検討会による提言

(資料:土木学会)

                                                           

帰路
 



Nov.2011 柚原君子

                                              



Oct.2010 撮影:野崎順次

静岡県三島市一番町
楽寿園
(Rakujuen, Mishima, Shizuoka)

撮影日: 2010年10月27日

楽寿園(らくじゅえん)は、静岡県三島市が運営する公園。面積約71,850平方メートル。小浜池(こはまがいけ)と周囲の自然林・植生を含む庭園が1954年(昭和29年)国の天然記念物および名勝に指定されている。

1890年(明治23年)、小松宮彰仁親王の別邸として造営される。彰仁の没後、1911年(明治44年)に韓国王世子李垠の別邸となり、昌徳宮と呼ばれた。1927年(昭和2年)、伊豆出身の資産家・緒明圭造へ売却。1952年(昭和27年)に三島市が購入し、市立公園として一般公開された。現在、小さな遊園地と動物園が併設されている。

小浜池は、楽寿園の敷地内南側にある大きな湧水によって形成される池。 蓮沼川(宮さんの川)と源兵衛川の起点となっている。かつては三島湧水群を代表する水量を誇ったが、昭和37年頃から、湧水の枯渇が続いており、工業用水の汲み揚げとの関係が指摘されている[1]。ミシマバイカモ(Ranunculus nipponicus var. japonicus)は1930年(昭和5年)に中井猛之進によりこの小浜池にて発見された。1950年代中頃、渇水や水質の悪化により一度は絶滅したと考えられたが、柿田川で再発見され楽寿園に移植された。

南側の源兵衛川親水公園から楽寿園に向かう。清々しいせせらぎである。

                  

楽寿園 国指定天然記念物・名勝区域

                                                                       

菊の展示など見ながら駅前口へ

              

三島名物、うな丼 (本町うなよし)、すこぶる美味。

  

参考資料
ウィキペディア「楽寿園」





Mar.2008 撮影:高橋久美子

楽寿園は小浜池に水があってこその造園であり、景観だったであろうが、そこに満々と水をたたえていたという記憶が私にはない。
水が涸れた現在は余程の変化が起こらないかぎり、宮様が船遊びに興じた昔のようには、もう戻らないかもしれない。
しかし、そのおかげで楽寿園が、富士山の噴火による溶岩の上に造られていることがよく分かる。
三島市内を流れる川も、以前と比べて水量がめっきり減っているように感じる。

   

                                      


Mar .2007 瀧山幸伸 Preview video 500Kbps HD video Video FAQ

   
        

      

洋ラン展
        


楽寿園から三嶋大社への街並
     

     

珈琲豆とインテリア 風珈

         

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中