JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

静岡県静岡市 浅間神社 
Sengenjinja,Shizuoka city,Shizuoka

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 



静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 本殿 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化10(1813) 七間社流造、本瓦形銅板葺 棟札1枚、駿府浅間惣社御造営御勘定帳2冊、棟札3枚、社中絵図1枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 南中門 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化10(1813) 一間一戸向唐門、本瓦形銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 北中門 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化10(1813) 一間一戸向唐門、本瓦形銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 南透塀 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化10(1813) 折曲り延長十五間、棟門、潜門各一所を含む、瓦棒銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 中透塀 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化10(1813) 折曲り延長七間、瓦棒銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 北透塀 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化10(1813) 折曲り延長十五間、棟門、潜門各一所を含む、瓦棒銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 拝殿 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化7(1810) 桁行七間、梁間四間、二重、入母屋造、本瓦形銅板葺 棟札1枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 舞殿 重文 近世以前/神社 江戸後期 文政3(1820) 桁行二間、梁間三間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺 絵図2枚、棟札2枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 楼門 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化13(1816) 三間一戸楼門、入母屋造、本瓦形銅板葺、南北各三間透塀附属 棟札1枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 南回廊 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化10(1813) 折曲り延長二十八間、梁間二間、一重、入母屋造、西端西の間に接続、北端切妻造、神饌所及び西の間 桁行七間、梁間三間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺 棟札1枚、絵図1枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 北回廊 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化10(1813) 折曲り延長二十九間、梁間二間、一重、入母屋造、西端直会所に接続、南端切妻造、神符調整所及び直会所 桁行七間、梁間三間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 総門 重文 近世以前/神社 江戸後期 文化14(1817) 三間一戸八脚門、切妻造、本瓦形銅板葺 棟札1枚、絵図1枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 神厩舎 重文 近世以前/神社 江戸末期 万延元(1861) 桁行三間、梁間三間、一重、切妻造、桟瓦葺 棟札1枚 19990513
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 宝庫 重文 近世以前/神社 江戸末期 嘉永7(1854) 桁行三間、梁間二間、一重、寄棟造、桟瓦葺 棟札1枚 19990513
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 麓山神社本殿 重文 近世以前/神社 江戸後期 文政5(1822) 三間社流造、本瓦形銅板葺 絵図2枚、棟札1枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 麓山神社拝殿 重文 近世以前/神社 江戸後期 文政7(1824) 桁行五間、梁間四間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺 絵図1枚、棟札3枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 麓山神社中門 重文 近世以前/神社 江戸後期 文政5(1822) 一間一戸平唐門、本瓦形銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 麓山神社透塀 重文 近世以前/神社 江戸後期 文政5(1822) 一周延長三十間、本瓦葺、潜門一所を含む 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 八千戈神社本殿 重文 近世以前/神社 江戸末期 天保9(1838) 桁行三間、梁間四間、一重、入母屋造、正面千鳥破風付、向拝三間、軒唐破風付、本瓦形銅板葺 絵図3枚、棟札1枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 八千戈神社中門 重文 近世以前/神社 江戸末期 天保9(1838) 一間一戸平唐門、本瓦形銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 八千戈神社南透塀 重文 近世以前/神社 江戸末期 天保9(1838) 折曲り延長十間、本瓦形銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 八千戈神社北透塀 重文 近世以前/神社 江戸末期 天保9(1838) 折曲り延長十間、本瓦形銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 神部神社浅間神社 少彦名神社本殿 重文 近世以前/神社 江戸末期 嘉永3(1850) 桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺 絵図1枚、棟札1枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 大歳御祖神社 本殿 重文 近世以前/神社 江戸後期 文政9(1826) 三間社流造、本瓦形銅板葺 絵図1枚、棟札2枚 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 大歳御祖神社 中門 重文 近世以前/神社 江戸後期 文政9(1826) 一間一戸平唐門、本瓦形銅板葺 19710622
静岡市葵区宮ヶ崎町102-1 大歳御祖神社 透塀 重文 近世以前/神社 江戸後期 文政9(1826) 一周延長三十八間、本瓦形銅板葺、棟門一所を含む 19710622

Dec 29, 2016 松田浩志 movie

「古墳を有する賤機山に広がる神社の複合体。まとめて「静岡浅間神社」と呼ばれているが、神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社と麓山神社・八千戈神社・少彦名神社・玉鉾神社の四境内社がある。由緒不明の山頂近くの麓山神社。2100年前と言われる神部神社と拝殿・本殿を共有する浅間神社。賽銭箱は右と左に離れてそれぞれ別に置かれて,祭事も別々に行われているとのこと。」

 ・神部神社(かんべじんじゃ)
 『祭神:大己貴命 (おおなむちのみこと) - 駿河国開拓の祖神
 崇神天皇の時代(約2100年前)の鎮座と伝えられる。延喜式内小社で祈年の国幣に預った。
 国府が定められてからは国司崇敬の神社となり、平安時代より駿河国の総社とされた。』

 ・大歳御祖神社 (おおとしみおやじんじゃ)
 『祭神:大歳御祖命(おおとしみおやのみこと) - 倉稲魂神・大年神の母神で、神大市比売命を指す
 応神天皇の時代(約1700年前)の鎮座と伝えられ、元々は安倍川河畔の安倍の市(古代の市場)の守護神であった。
 古くは「奈古屋神社」と称された。延喜式内小社で祈年の国幣に預った。』

 ・浅間神社 (あさまじんじゃ)
 『祭神:木之花咲耶姫命 (このはなのさくやひめのみこと)全国にある浅間神社の一社。
 延喜元年(901年)、醍醐天皇の勅願により富士山本宮浅間大社より総社神部神社の隣に勧請され、以来冨士新宮として崇敬されてきた。』

 『三社は鎮座以来独立の神社として扱われ、江戸時代まではそれぞれ別の社家が奉仕してきた。明治21年、三社別々に国幣小社に昇格した。
 戦後は神社本庁の別表神社となった。現在は一つの法人格となっている。
 社殿は江戸時代後期を代表する漆塗極彩色が施された壮麗なもので、計26棟が国の重要文化財に指定されている。
 この社殿群は文化元年(1804)より60年の歳月と約10万両の巨費を投じて建造されたもので、
 信州諏訪の立川和四郎ほか門弟により彫刻された花鳥霊獣類は繊細を極めている。
 特に、重層な大拝殿は高さ25メートルで木造神社建築としては、出雲大社本殿(約24メートル)より高く、まさに日本一の威容を誇る。』
 
 ・麓山神社 (はやまじんじゃ) 祭神:主神に大山祇命、日本武尊を配祀
 『由緒は不詳ながら古来より賎機山山上に鎮座し、俗に山宮と称する。浅間神社の祭神・木之花咲耶姫命の父神を祀るので、その別宮とされ、
 従来四本社の一つに列し独立の神社であったが、明治12年7月22日郷社に列し、境内社となった。社殿は本殿・拝殿・唐門・透塀を備え、
 他の三本社と同規模の壮麗な建築で、細部に立川流の彫刻を置き、漆塗り極彩色を施す。』

 ・八千戈神社 (やちほこじんじゃ) 祭神:主神に八千戈命(大国主命)、相殿に明治6年以降合祭された18社13柱の神々
 (浅間神社末社九社・大歳社末社三社・麓山神社末社三社・旧安倍郡城内鎮座稲荷神社
 旧安倍郡明屋敷村鎮座国分天神、騎射御霊)
 『徳川家康の念持仏であった摩利支天像を安置するために造営されたもので、摩利支天社と称し、徳川家をはじめ幕府が殊に崇敬を尽くし、
 社殿も本社に次いで造営され壮麗なものである。明治初年の神仏分離に際して、摩利支天は葵区大岩の臨済寺(今川家菩提寺)に遷され、八千戈神社となった。
 昭和5年5月29日の昭和天皇親拝の折は、両社修繕中であり当社を仮殿としていたため、当社に参拝した。
 
 ・少彦名神社 (すくなひこなじんじゃ) 祭神:主神に少彦名命、相殿に神部神社末社14社
 『もと神宮寺薬師社と称し、薬師如来・十二神将を安置していたが、明治維新に際して臨済寺に遷され少彦名神社となった。
 古来医薬の神として薬業関係者や病気平癒を祈る人々の参詣が絶えない。』

 ・玉鉾神社 (たまほこじんじゃ) 祭神:羽倉東麿・岡部真淵・本居宣長・平田篤胤 - 国学の四大人
 『明治9年3月、静岡県内の神職が官許を得て創祀された神社。』 

 
東側鳥居・総門・楼門
                             

舞殿
                 

手水舎
                

 大拝殿(二階拝殿)・神部(かんべ)神社と浅間(あさま)神社本殿
                                 

八千戈(やちほこ)神社
                                 

賤機山(しずはたやま)古墳・麓山(はやま)神社
                       

西側鳥居・大歳御祖(おうとしみおや)神社
                                                   




June 20, 2015 野崎順次 movie

静岡県静岡市葵区
静岡浅間神社
(Shizuoka-Sengenjinja Shrines, Aoi-ku, Shizuoka City, Shizuoka Pref.)

神部神社・浅間神社(二社同殿)及び大歳御祖神社の三社を総称して、静岡浅間神社(通称おせんげんさま)と申し上げる。

神部神社は第十代崇神天皇の御代、約2100年前に駿河開拓の祖神・駿河の国魂の大神として鎮座され、延喜式内社であり、平安時代には駿河国総社となる。『国内神名帳』には美和明神と記され、『類聚国史』に従一位と記載されており、この地方最古の神社である。

浅間神社は延喜元年(901)、醍醐天皇の勅願により富士山本宮より分祀され、爾来富士新宮として国司の尊崇を受ける。

大歳御祖神社は応神天皇4年(273)今から1700年ほど前に、古代この地方の物流の拠点、商業の中心地であった「安倍の市」の守護神として創祀され、延喜式内社であり、『国内神名帳』に正二位奈古屋明神と記され、静岡市の地主神である。

三社とも朝廷をはじめ国司・武将等の崇敬すこぶる篤く、駿河国総社・静岡の総氏神さま、駿河の大社として広く信仰されている。

御本社神部神社・浅間神社・大歳御祖神社のほかに境内には、麓山神社・八千戈神社・少彦名神社・玉鉾神社の四境内社が鎮座している。

(静岡浅間神社ウェブサイト「御由緒」より)

現地説明板と石鳥居

    

国重文 神部神社浅間神社 総門 江戸後期 文化十四年(1817)
三間一戸八脚門、切妻造、本瓦形銅板葺

     
総門回り

     

国重文 神部神社浅間神社 神厩舎 江戸末期 万延元年 (1861)
桁行三間、梁間三間、一重、切妻造、桟瓦葺

         

国重文 神部神社浅間神社 楼門 江戸後期 文化十三年(1816)
三間一戸楼門、入母屋造、本瓦形銅板葺、南北各三間透塀附属

                                                  

国重文 神部神社浅間神社 南回廊 江戸後期 文化十年(1813)
折曲り延長二十八間、梁間二間、一重、入母屋造、西端西の間に接続、北端切妻造、神饌所及び西の間 桁行七間、梁間三間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺

        

国重文 神部神社浅間神社 北回廊 江戸後期 文化十年(1813)
折曲り延長二十九間、梁間二間、一重、入母屋造、西端直会所に接続、南端切妻造、神符調整所及び直会所 桁行七間、梁間三間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺

      

国重文 神部神社浅間神社 舞殿 江戸後期 文政三年(1820)
桁行二間、梁間三間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺

                                  

国重文 神部神社浅間神社 拝殿 江戸後期 文化七年(1810)
桁行七間、梁間四間、二重、入母屋造、本瓦形銅板葺

                                                     

神部神社浅間神社の本殿関連重要文化財は次の通りであるが、両横から少し見えるだけである。

国重文 神部神社浅間神社 本殿 江戸後期 文化十年(1813)
七間社流造、本瓦形銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 南中門 江戸後期 文化十年(1813)
一間一戸向唐門、本瓦形銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 北中門 江戸後期 文化十年(1813)
一間一戸向唐門、本瓦形銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 南透塀 江戸後期 文化十年(1813)
折曲り延長十五間、棟門、潜門各一所を含む、瓦棒銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 中透塀 江戸後期 文化十年(1813)
折曲り延長七間、瓦棒銅板葺

国重文神部神社浅間神社 北透塀 江戸後期 文化十年(1813)
折曲り延長十五間、棟門、潜門各一所を含む、瓦棒銅板葺

           

国重文 神部神社浅間神社 少彦名神社本殿 江戸末期 嘉永三年(1850)

                            

玉鉾神社

    

国重文 神部神社浅間神社 宝庫 江戸末期 嘉永七年(1854)
桁行三間、梁間二間、一重、寄棟造、桟瓦葺

 

国重文 神部神社浅間神社 八千戈神社本殿 江戸末期 天保九年(1836)
桁行三間、梁間四間、一重、入母屋造、正面千鳥破風付、向拝三間、軒唐破風付、本瓦形銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 八千戈神社中門 江戸末期 天保九年(1836)
一間一戸平唐門、本瓦形銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 八千戈神社南透塀 江戸末期 天保九年(1836)
折曲り延長十間、本瓦形銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 八千戈神社北透塀 江戸末期 天保九年(1836)
折曲り延長十間、本瓦形銅板葺

                                   

麓山神社と賤機山古墳へは百段階段(実際は106段とのこと)を登る。

    

国重文 神部神社浅間神社 麓山神社拝殿 江戸後期 文政七年(1824)
桁行五間、梁間四間、一重、入母屋造、本瓦形銅板葺

             

国重文 神部神社浅間神社 麓山神社本殿 江戸後期 文政五年(1822)
三間社流造、本瓦形銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 麓山神社中門 江戸後期 文政五年(1822)
一間一戸平唐門、本瓦形銅板葺

国重文 神部神社浅間神社 麓山神社透塀 江戸後期 文政五年(1822)
一周延長三十間、本瓦葺、潜門一所を含む

                        

国史跡 賤機山古墳 
昭和24年に、後藤守一・斎藤忠両博士により初めて考古学的調査が行われました。その結果、古墳の形は直径約32m、高さ約7mと推定される円墳で、内部には巨石を積み上げて造られた巨大な横穴式石室があり、石室内には大型の刳抜式家形石棺が置かれていることが明らかになりました。
石棺内は既に盗掘により荒らされ、人骨や副葬品はほとんど残っていませんでしたが、石棺のまわりからは土器や武器、武具、馬具など質・量ともに豊富な副葬品が出土しました。遺物の検討などから、古墳は6世紀代の当地方の最有力豪族の墓であると考えられています。
(静岡市ウェブサイトより)

               

国重文 大歳御祖神社本殿、中門、透塀は改修中

  




Dec.7,2013 瀧山幸伸 video

  


A camera

神部神社浅間神社

総門
Soumon
      

楼門
Roumon
          



舞殿、拝殿、手水舎、回廊
                                          

中門、透塀、本殿
            


神厩舎
     


宝庫
  

麓山神社
                              

八千戈神社
          

少彦名神社
          

玉鉾神社
  


大歳御祖神社
                             

賎機山古墳

         

  

B camera

総門
    



神厩舎
           

楼門
                                      


舞殿、拝殿、手水舎、回廊
                                           
                                                      

中門、透塀、本殿
   

少彦名神社
                

玉鉾神社

 

八千戈神社
                                                         

麓山神社
        

賎機山古墳と頂上
                

宝庫
  

大歳御祖神社
            


  




Feb.2008 瀧山幸伸 AVCHD video video FAQ

  

静岡市内、賎機山(しずはたやま)の南麓にある。アクセスが良いので気軽に訪問できる。
境内に国史跡の賤機山古墳が残っているように、駿河国総社として古くから広く信仰されていたが、鎌倉時代以降、歴代幕府の崇敬を受けた。その後徳川幕府により、文化元年(1804)から六十年余の歳月と巨費を投じて現在の社殿群が建築された。
市街地の小高い丘一帯の暖地林を背後に、社殿はいずれも漆塗りの極彩色で、東海の日光と呼ばれる壮大さである。
特に大拝殿は楼閣造り(二階建て)で、高さ25メートルに及び、正面7間側面4間、一階切妻二階入母屋造、銅板葺。装飾も豊富で、神社としては圧倒的な存在感。文化11年(1814)建立。
 静岡市宮ヶ崎102-1

 


総門
Soumon
   

楼門
Roumon
    

拝殿
Haiden
          




  

神部神社、浅間神社
Kanbe jinja Sengen jinja
  

少彦名神社
Sukunahikona jinja
         

玉鉾神社
Tamahoko jinja
 

回廊
Kairou
 

八千戈神社
Yachihoko jinja
    

大歳御祖神社
Otoshi Omiya jinja
    

賎機山古墳
Shizuhatayama kofun
     

麓山神社
Reizan jinja
       


Mar..2005 Preview video 500Kbps HD video Video FAQ

     

総門
Soumon
 
楼門
Roumon
    

神馬舎
Shinbasha
 

回廊
Kairou
 

大拝殿
Daihaiden
          

舞殿
maiden
 

神部神社、浅間神社
Kanbe jinja Sengen jinja
 

少彦名神社
Sukunahikona jinja
   

大歳御祖神社
Otoshi Omiya jinja
   

賎機山古墳
Shizuhatayama kofun
  

麓山神社
Reizan jinja
  

八千戈神社
Yachihoko jinja
  


事務局用

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中