JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

栃木県足利市 旧足利織物会社工場
Ashikaga old Ashikaga orimono factory,Ashikaga city,Tochigi


Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

May 10,2015 瀧山幸伸 movie

                  


April 3, 2015 野崎順次


トチセン(旧足利織物)の赤レンガ建築
(Brick Factory Buildings at Tochisen, Ashikaga City, Tochigi Pref.)

栃木県足利市福居町1151

赤レンガ建築として、捺染工場、サラン工場、汽罐室があり、経産省による近代化産業遺産とされているようである。登録有形文化は捺染工場だけかもしれない。

現地説明板と福居駅プラットフォームから見た全景

   

国登録有形文化財(建造物) 赤レンガ捺染工場 大正/1913-1919
煉瓦造平屋建、瓦葺、建築面積1587u
煉瓦造の外壁と木造の内部軸組からなる広大な工場建築で,6連の鋸屋根を架ける。頂部まで立ち登る柱型と重厚な軒蛇腹とで縁取る妻壁の意匠や,出入口・窓の大きな開口部を一石のまぐさ石で支える手法に特色がある。
(文化遺産オンラインより)

        

赤レンガサラン工場
レンガ造平屋建、半円ドーマー窓付、切妻洋瓦葺

    




Nov.2008 撮影/解説 高橋久美子

現・トチセン

大正2年(1913)〜大正8年(1919)建築。
手前、平屋構造は「赤レンガサラン工場」鋸屋根をもつのは「赤レンガ捺染工場」
足利が織物で隆盛を極めていた時に建てられたものです。
現在のトチセンは繊維だけでなく、工業製品の染色もしている工場です。
黒い迷彩模様は、終戦直前に空襲を避けるためのカモフラージュとして施されたとか。
今では、デザインのようで面白い効果になっています。
                    






Sapienza All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中