JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

栃木県那須郡塩原市 高木会館
Takagikaikan,Nasushiobara city,Tochigi


Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
 Facility
 
 Food
 

Dec.2011 柚原君子


栃木県那須塩原市本町5-19

JR宇都宮線「黒磯駅」徒歩5分に高木会館(旧黒磯銀行)はありました。
現在は「カフェ ド グランポワ」というカフェレストランになっています。
店内は四角に切りこまれたとても高い天井。そこにぶら下がる三つ羽の扇風機。壁には大きな丸時計。そして連なるアーチ型の窓。黒光りする床。現在はオープン厨房になっているカウンター。急なカーブの細い階段。それらが当時の銀行の面影を垣間見せています。
建築は大正5年(1916)。ビルの正面は芦野石、他は大谷石で建造されていて全体にかわいらしい雰囲気です。ビルの正面の上部に掘り込まれている<THE KUROISOBANK LTD>の社名とその中にある星型の社章も、下に続くアーチ型窓と良くつりあっています。
黒磯銀行は黒磯に本店を置く初の銀行として誕生しています。頭取は高木慶三郎氏。大正7年に開業されましたが昭和10年には閉鎖されています。以後は黒磯工業株式会社として使用されていましたが、それも昭和25年に閉鎖され、以後は高木家個人として使用。
黒磯駅前は昭和6年に160戸を消失する大火に見舞われていますが、高木会館はそれを免れています。貴重な建造物として平成14年に国指定登録有形文化財を受けています。
このカフェのお奨めメニュー「グランポワライス」を頂いてみました。しそバターライスに那須ミートソースをかけて、その上にたっぷりの刻み海苔。ほのかにしょうがの味。建物の中のレトロ感が増した気がしました。

                                 



周辺(黒磯神社ほか)

                               

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中